官公庁・自治体での
テレワーク環境整備は
「カチャット」にお任せください!

官公庁・自治体への導入実績多数!国内シェアNo.1のCACHATTO(カチャット)なら、安全なリモートアクセス環境を構築することができます。各自治体のネットワーク構成やセキュリティポリシーに応じた導入形態をご提案いたします。

CACHATTO
CACHATTOは国内シェアNo.1

自治体でのテレワーク導入背景

2020年に日本国内で新型コロナウイルスが猛威を振るい始めてから、各自治体においても在宅勤務などテレワーク環境の整備が急務となりました。しかしテレワークを進めるには、これまでの自治体情報セキュリティ対策では堅牢な情報漏えい対策が実施できる一方で、業務効率やユーザービリティに課題がありました。

自治体でのテレワーク導入背景

また、政府が発表した「クラウド・バイ・デフォルト原則」などを受けた情報システムのクラウド化、「デジタル手続法」及び「デジタル・ガバメント実行計画」に基づく行政手続のオンライン化の要望も高まっており、さらに、サイバー攻撃の増加、サイバー犯罪における手口の巧妙化への対策も考慮する必要があります。 これらの要請を踏まえ、より利便性・効率性を向上させたテレワーク環境を実現するためのセキュアなテレワークソリューションが求められています。

自治体でのテレワーク導入背景

自治体でのテレワークシーン

テレワークシーン

育児/介護時でも
自宅でメールや掲示板を確認

テレワークシーン

新型ウイルスの感染拡大や災害、交通機関トラブルなど
登庁が困難な場合も自宅で業務を継続(BCP対策)

テレワークシーン

訪問先で相談内容をシステムに記載、
次の予定を確認

テレワークシーン

出張時の移動時間を利用し
報告書を作成

テレワークプラットフォーム CACHATTO(カチャット)を導入することで
安全で使いやすいテレワーク環境を実現します。

CACHATTOとは?

CACHATTO(カチャット)なら、自治体で支給する専用端末や職員の私物端末から 自治体情報システムへ安全にリモートアクセスできるので、庁外でも安心して業務が行えます。

CACHATTOイメージ

製品ラインナップ

利用シーンに合わせた製品をご提案

  • リモートデスクトップ
    CACHATTOリモートデスクトップ for Government 画面イメージ
    • 閉域網を利用
    • 支給端末を利用
    • 画面転送で業務
  • リモートデスクトップ
    Splashtop for CACHATTO 画面イメージ
    • インターネットを利用
    • 私物端末も活用
    • 画面転送で業務
  • セキュアブラウザ
    CACHATTO SecureBrowser 画面イメージ
    • インターネットを利用
    • 私物端末も活用
    • セキュアブラウザからアクセスし業務
  • 仮想ワークスペース
    CACHATTO Desktop 画面イメージ
    • 端末に一時的に生成される仮想ワークスペースで業務(ログアウト時データ消去)
利用シーンと製品

テレワーク時の自治体情報システムへのアクセス

総務省が「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」で提示している自治体情報セキュリティ対策には、3つのセグメントをそれぞれ分断した三層の対策によりセキュリティを強化した従来モデル(αモデル)、LGWAN接続系にある業務システムや端末をインターネット接続系に移行しパブリッククラウドを活用するβモデル/β'モデルがあります。CACHATTOなら、各自治体のネットワーク構成やセキュリティポリシーに応じたテレワーク導入形態のご提案が可能です。

CACHATTO導入イメージ

リモートデスクトップ接続の場合

リモートデスクトップは庁内PCの画面をテレワーク端末に転送するアクセス方法です。そのため、情報を保存することがなく、また庁内PCでおこなう業務と同等の業務が可能です。以下ではCACHATTOのリモートデスクトップ製品を利用しテレワークする場合の導入イメージやポイントをご紹介します。

[ご注意] e-Janネットワークスが「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」への対応を保証するものではありません。

CACHATTOリモートデスクトップ for Government
ご利用時のシステム構成イメージ

自治体の支給端末を利用し、閉域網を経由して自治体情報システムへリモートデスクトップ接続ができます。

CACHATTOリモートデスクトップ for Governmentご利用時のシステム構成イメージ
  • 自治体で支給されている端末をご利用いただき、回線には閉域網を利用するため、お客様で管理されている環境でご利用いただけます。
  • 庁内に専用サーバーを導入し、支給端末には専用セキュアブラウザをインストールすることで利用できます。接続先端末へのアプリのインストールは不要です。
  • 登録ユーザー数に上限を設けない同時接続ライセンスのため、全登録ユーザー数に対して日常の利用ユーザー数が少ない運用形態において、過剰なコストを必要としません。
Splashtop for CACHATTO クラウドパック
ご利用時のシステム構成イメージ

テレワーク端末からクラウドサービスを経由して自治体情報システムへリモートデスクトップ接続ができます。

Splashtop for CACHATTO クラウドパックご利用時のシステム構成イメージ
  • PCはもちろん、タブレットやスマートフォンにも対応しており、各職員の利用シーンに合わせた端末でテレワークができます。私物端末を活用されるお客様もいらっしゃいます。
  • インターネットでのアクセスはSSLにより通信を暗号化するため、情報漏えいや改ざんを防ぎます。
  • 閉域網の用意なども不要で、私物端末が活用でき、導入/運用コストを抑えることができます。
  • テレワーク端末と接続先端末に専用アプリをインストールすることで利用できます。庁内へのサーバー設置は不要です。
1ヵ月無償で機能や使用感をお試し

CACHATTOのポイント

  • 安全
    テレワーク端末に情報を保存しない、持ち出しも防止

    セキュアブラウザやリモートデスクトップ接続を利用することで端末に情報を保存しません。また、スクリーンショットの防止などにより庁外へのデータの持ち出しも防止します。端末の盗難や紛失による情報漏えいリスクを極小化します。

    特長:テレワーク端末に情報を保存しない、持ち出しも防止
  • 安全
    多要素認証によりなしすましを防止

    ワンタイムパスワード、端末個体認証、生体認証などを組み合わせて運用できます。スマートフォンを認証トークンとして利用できる機能(SmartLogin)もございます。

    特長:多要素認証によりなしすましを防止
  • 簡単
    利用者は端末に専用アプリをインストールするだけ

    利用者はテレワーク端末に専用アプリケーションをインストールすることで利用でき、難しい設定などは不要です。また、わかりやすいUI(ユーザーインターフェース)で、利用者への展開も容易です。

    特長:利用者は端末に専用アプリをインストールするだけ
  • 安心
    利用時間の制御やアクセス状況の確認が可能

    利用を許可する時間帯、曜日などをユーザーごとに設定できます。また、ユーザーのログイン状況の確認も可能です。自治体の労務管理を支援します。

    特長:利用時間の制御やアクセス状況の確認が可能
  • 安心
    安心のサポート体制

    CACHATTOサポートセンターがお客様からの電話/Webでのお問い合わせに対応いたします。導入後も安心のサポートをご提供します。

    特長:安心のサポート体制
  • 安全
    e-JanネットワークスはISO/IEC27001認証を取得

    提供元のe-Janネットワークスは情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格であるISO/IEC27001の認証を取得しています。

    特長:e-JanネットワークスはISO/IEC27001認証を取得
お問い合わせスタッフ
リモートデスクトップ以外のリモートアクセス製品もご提案いたします。
  • 業務システムへリモートアクセスしたい
  • スマートフォンを活用したい
  • 通信が不安定な環境での業務に対応したい など
各自治体のネットワーク構成や要望に応じてご提案いたします。お気軽にご相談ください。

1カ月無償でお試しいただけます

CACHATTOを実際のご利用環境でお試しいただけます。「CACHATTOをインストールしたPCを接続」、「仮想環境に仮想マシンを構築」などのメニューをご用意しています。機能や使用感をぜひご確認ください。

期間    : 1カ月間
ユーザー数 : 30ユーザー

ご相談やお見積りなど
お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせはこちら

e-Janネットワークス株式会社03-6823-5591

9:00 ~ 18:00(土・日・祝・年末年始を除く)

お問い合わせスタッフ

各製品の詳細についてはこちら