1月6日にリリースしましたCACHATTO V5.4 R3の機能紹介その2です。

今回は、「iOS端末のスクリーンキャプチャ―防止機能」のご紹介です。
管理者がMDMポリシー設定画面で「画面の取り込み」を禁止に設定したとき、この機能は有効になります。
※CACHATTO SecureBrowser for iOS V3.13.0以上である必要があります。

20150114-image3.PNG

禁止に設定されたユーザーはログイン時に「スクリーンキャプチャ―を無効化する構成プロファイルのインストール」を求められるようになります。

20150116-image5.png

構成プロファイルをインストールしない(スクリーンキャプチャ―を無効化しない)場合、CACHATTOを利用できなくなります。

※構成プロファイルをインストールすると、CACHATTO SecureBrowserご利用外でもスクリーンキャプチャーを取得することができなくなります。「スクリーンキャプチャ―無効化」の解除方法は以下のブログでご案内しております。



関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
1月6日にリリースしましたCACHATTO V5.4 R3の機能紹介その1です。
今回は、「中国語(繁体字)の表示対応」のご紹介です。

CACHATTOのユーザーインターフェースが従来対応していた日本語、英語、中国語(簡体字)、ドイツ語、韓国語に加え、中国語(繁体字)に対応いたしました。
※CACHATTOのスマートフォンインターフェース、タブレットインターフェースに対応しております。

20150107-tw_tab.png
▲タブレットインターフェース

CACHATTOサーバーを V5.4 R3 にバージョンアップすると、ユーザー設定の表示言語設定に「繁体中文」が表示されます。

20150107-tw_setting_phone2.png
▲スマートフォンの表示言語設定画面(左画像)と新スマートフォンインターフェース(右画像)

グローバル対応が進むCACHATTO、是非ご利用ください!

※SecureBrowser部分(ログイン画面やログイン前の設定画面など)は一部非対応です。


関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
11月20日にリリースしましたCACHATTO V5.4 R2の機能紹介その2です。

■「タイムゾーン設定機能」とは……
CACHATTO上の各種時間表示を、CACHATTOで設定したタイムゾーンに応じて変更することができます。
グローバルにCACHATTOをご利用される方に便利な機能です。
本バージョンでは、以下の項目について時間表示を変更することが可能です。

・メール
・スケジュール(Exchange EWS、Google Appsのみ)
・最終ログイン時刻

時間表示設定は以下の3つから選択します。

・サーバー時刻(無調整)
 タイムゾーンを考慮せず、今までと同様に連携しているサーバーの時間が表示されます。
・端末時刻に合わせる
 各機能の時間表示が端末時刻に合わせて表示されます。
・各国のタイムゾーン
 選択した国のタイムゾーンに合わせて表示されます。

使用イメージ

▲使用イメージ

※端末のタイムゾーンを利用するにはCACHATTO SecureBrowser for Android V3.14.0以降またはCACHATTO SecureBrowser for iOS V3.12.1以降が必要です。
※CACHATTOサーバーのタイムゾーンをOSインストール後に変更する場合はGUIの使用を推奨します。


関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
11月20日にリリースしましたCACHATTO V5.4 R2の機能紹介その1です。
今回は、「端末と連動したCACHATTOの表示言語設定」のご紹介です。

・ご利用手順
1.CACHATTO SecureBrowserのユーザー設定画面で、表示言語を「端末設定と同期」に設定します。

CACHATTOのユーザー設定画面で、表示言語を「端末設定と同期」に設定します。

2.端末の設定アプリでお好きな言語を選択し設定します。

端末の設定アプリでお好きな言語を選択し設定します。

3.再度CACHATTOへログインするとCACHATTOの言語表示設定が端末の言語設定と自動で連動されます。

再度CACHATTOへログインするとCACHATTOの言語表示設定が端末の言語設定と自動で連動されます。

多言語対応しているCACHATTO、ぜひお使いください!

※本機能を利用するにはCACHATTO SecureBrowser for Android V3.14.0以降またはCACHATTO SecureBrowser for iOS V3.12.1以降が必要です。
※CACHATTOで対応していない言語設定を行った場合、CACHATTOでは英語で表示されます。
※Android 4.4以上の端末の一部は正常に動作しない場合があります。CSB-A V3.15.0でこの不具合は解消する予定です。リリースを今しばらくお待ちください。

関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
CACHATTOはファイルサーバーへのアップロードに対応しています。

仕様が確定していないためプレビューリリースとなっておりますが、
今後正式対応いたしますので、ぜひお試しください。

※「ファイルサーバーアップロード機能」のご利用に際しましては、ウイルスチェックが機能するPCでのご利用を強く推奨します。
※現在はデータ破損のリスクをさけるため同じデータ名のデータは別名保存する仕様となっております。
※「ファイルサーバーアップロード機能」のご利用に際しましては、ファイルサーバーにウイルス対策が実施されている必要があります。
 (2015/04/17(金) 追記)


・対応アプリ
* CACHATTO SecureBrowser for Windows
* CACHATTO Desktop for Windows
※IE 11環境である必要があります。

・ご利用手順
1.CACHATTO SecureBrowserのTOPページ画面で「ファイルサーバー」アイコンを選択します。
2.ファイル一覧画面でアップロードボタンを選択します。
ファイル一覧画面でアップロードボタンを選択します。
3.アップロードするファイルを選択します。
4.選択したファイルがアップロードされます。
選択したファイルがアップロードされます。

関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2014年4月25日)、CACHATTO V5.2 R3 をリリースいたしました。
本ブログでは、このバージョンにおける機能強化の内容を数回にわたりご紹介いたします。

第一回目は「ドイツ語ユーザーインターフェース」です。

従来対応していた日本語と英語、中国語に加え、CACHATTOのドイツ語ユーザーインターフェースを
プレビューリリース(試験的に実装)いたしました。


▲タブレットユーザーインターフェース


▲スマートホンユーザーインターフェース

是非、ご利用ください!

CACHATTO対応言語の詳細は、CACHATTOポータルをご参照ください。
http://www.cachatto.jp/product/requirement/language.html

※本機能はプレビューリリースのため、ご利用になる際は、CACHATTOサポートセンターへ
ご連絡が必要です。
※スマートフォン用インターフェース、タブレット型端末用インターフェース
(閲覧のみ)に対応しております。



カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
先日(2014年3月20日)リリースした CACHATTO SecureBrowser for Android V3.10.1 では、仮パスワード発行機能が追加されました。

これはユーザーがパスワードを忘れてしまった場合に、
パスワードをリセットし、仮のパスワードを新たに発行する機能です。

パスワードを忘れてしまった場合、ユーザーは以下の手順で仮パスワードを発行することができます。

1. SecureBrowser のパスワード入力画面を開き、しばらくすると表示される「パスワードを忘れた場合」をタップします
※ サーバー側の設定で「セキュリティポリシー」→「仮パスワード発行」が ON になっている必要があります

「パスワードを忘れた場合」をタップ
▲ 「パスワードを忘れた場合」をタップ

2. CACHATTO のアカウントに設定されている Eメールアドレスを入力し、「OK」を選択します

3. 正しい Eメールアドレスであれば、仮パスワードメールがそのアドレスへ送信されます

仮パスワード発行メールに含める情報は、V5.2 R2 で強化されたメンテナンスメール機能で変更可能です。

これにより、管理者様の負担を軽減することができます。
CACHATTO SecureBrowser for iOS/Windows についても、近日対応予定です。


関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
CACHATTO には、あるユーザーが CACHATTO へアクセスする際に使用する端末を制限する
「端末ID認証」機能があります。

ユーザーはアカウントに対して識別子が登録された端末を使った場合のみ CACHATTO にログインすることができます。
登録されていない端末からはログインできないため、セキュリティを向上させることが可能です。

端末ID認証機能により、ユーザーは登録されている端末からのみログイン可能
▲ 端末ID認証機能により、ユーザーは登録されている端末からのみログイン可能

共用端末ID機能は、社給端末を複数人で共有利用している場合に有効な端末ID認証機能です。
共用端末の識別子をあらかじめ「グループ」として登録し、
ユーザーのアカウントに対してこのグループを関連付けると、ユーザーはその端末グループ内のどの端末でも利用できるようになります。
また、グループに登録されていない端末を使ってログインすることを抑止できます。

共用端末ID機能は複数ユーザーで端末を共有する場合に便利
▲ 共用端末ID機能は複数ユーザーで端末を共有する場合に便利

※ 現状はアカウント個別の端末ID認証機能と共用端末ID機能は併用できません。
今後の機能強化で対応予定です。


カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2014年3月7日)、CACHATTO V5.2 R2 をリリースいたしました。
本ブログでは、このバージョンにおける機能強化の内容を数回にわたりご紹介いたします。

第三回目は「AD/LDAP アドレス帳の強化」です。

CACHATTO は AD/LDAPアドレス帳の情報を読み込んで利用することが可能ですが、
従来はメールアドレスが設定されたユーザー情報のみを取り込み対象としていました。

今回の機能強化により、メールアドレスが設定された連絡先と配布先グループも
取り込み対象とすることが可能になりました。

AD/LDAPアドレス帳連携設定画面の取り込み条件設定
▲ AD/LDAPアドレス帳連携設定画面の取り込み条件設定

「ユーザー/連絡先/配布グループ」を選択することで、
連絡先と配布先グループを取り込み対象に含めることができます。

V5.2 R2 未満からバージョンアップした場合は、常に「カスタマイズ」設定となります。
これは「ユーザーのみ」と同等の設定です。

※ 「ユーザー/連絡先/配布グループ」「ユーザーのみ」の設定は Exchange環境でのみ設定可能です。
  非Exchange環境の場合は近日公開予定の「管理者マニュアル V5.2 R2 対応版」をご参照ください。


カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2014年3月7日)、CACHATTO V5.2 R2 をリリースいたしました。
本ブログでは、このバージョンにおける機能強化の内容を数回にわたりご紹介いたします。

第二回目は「メンテナンスメール機能」です。

メンテナンスメールとは、従来からの「ログインURLメール」機能を改善し、
新たに「仮パスワード発行メール」「フリーテキストメール」の機能を実装したものです。

それぞれの画面は「メンテナンス」タブ-「メンテナンスメール」から開くことができます。

1. ログインURLメール

CACHATTO ユーザーへログインに必要な情報をメールで送信します。

この機能は従来から提供されていましたが、
V5.2 R2 ではメールに含める情報を管理者が細かく設定できるようになりました。

ログインURLメールは一斉送信することも、ユーザー個別に送信することも可能です。

ログインURLメール編集画面
▲ ログインURLメール編集画面

2. 仮パスワード発行メール

ユーザーがパスワードを忘れてしまった時に発行する仮パスワード案内のメール内容を編集することができます。

仮パスワード発行メールはユーザーからの仮パスワード発行要求があった場合に送信されます。

仮パスワード発行メール編集画面
▲ 仮パスワード発行メール編集画面

3. フリーテキストメール

CACHATTOユーザー全員へ任意の内容をメールで一括送信する機能です。
計画メンテナンスの案内などにご利用頂けます。

フリーテキストメール編集画面
▲ フリーテキストメール編集画面



カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2014年3月7日)、CACHATTO V5.2 R2 をリリースいたしました。
本ブログでは、このバージョンにおける機能強化の内容を数回にわたりご紹介いたします。

第一回目は「メール送信時のチェック機能」です。

CACHATTO からメールを送信する際、特定の条件に一致する場合はメール送信を中止、
または確認画面を表示する以下の三つの機能を実装しました。

1. 宛先に含まれる社外メールアドレスの数に上限を設定する

社外宛先が設定値以上含まれると送信を中止する
▲ 社外宛先が設定値以上含まれると送信を中止する

2. 宛先に社外メールアドレスを含むメールの送信時に確認画面を表示する

社外宛先が含まれていると送信時に確認する
▲ 社外宛先が含まれていると送信時に確認する

3. 宛先に社外メールアドレスを含む添付ファイル付メールの送信時に確認画面を表示する

添付付きメールに社外宛先が含まれていると送信時に確認する
▲ 添付付きメールに社外宛先が含まれていると送信時に確認する

これらの機能を利用するには設定変更が必要です。
サポートセンターまでお問い合わせください。


カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
CACHATTO サーバーをメンテナンスするために一時的に新規ログインや
ユーザーの操作を制限したい場合には「メンテナンスモード」が有用です。

メンテナンスモードは管理画面から有効化できます。
サーバー設定から基本設定ページへと進み、
「メンテナンスページ」を「表示する」に切り替えて設定を適用します。

管理画面からメンテナンスモードを有効化
▲ 管理画面からメンテナンスモードを有効化

メンテナンスモード実行中はユーザーは新規にログインできなくなり、
既にログインしているユーザーはメンテナンスモードが解除されるまで別ページへの遷移が制限されます。

メンテナンスモードを解除する場合は「表示しない」に変更して適用します。
メンテナンスが完了した際には忘れずに変更してください。


関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
CACHATTO SecureBrowser for Android/iOS は root化/JailBreak された端末では動作しません。

「root化」とは、Android 端末における特権取得の改造行為です。
同様に、「JailBreak(脱獄)」は iOS 端末に対する改造行為です。

このような改造を行った端末では、セキュリティの脆弱化が発生します。
そして、そのような端末で社内の情報へアクセスすることは大きなセキュリティリスクとなってしまいます。

CACHATTO SecureBrowser for Android/iOS は実行された環境が改造された端末であるかどうかを起動時に判定し、改造されている場合には即座に終了するようになっています。

そのため改造端末では CACHATTO を利用することはできず、社内の情報はセキュリティ的に危険な端末から守られます。



カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
CACHATTO SecureBrowser for Windows V3.6.0 にて、
「メールに添付された Microsoft Office ファイルの閲覧機能」が新たに搭載されました。

この閲覧機能は端末にインストールされている Microsoft Office を利用します。
ファイルの保存は抑制されるため、端末にはデータを残しません。
これにより、CACHATTO SecureBrowser for Android/iOS と同様に端末へデータを残すことなく Microsoft Office ファイルを閲覧頂けるようになりました。

Microsoft Office ファイルを閲覧する
▲ Microsoft Office ファイルを閲覧する

Windows PC で CACHATTO をご利用の際は、この機能をぜひご活用ください。

なお、インストール手順およびご利用に際しての制限事項は、
近日公開予定の「CACHATTO SecureBrowser for Windowsマニュアル V3.6.1」をご参照ください。

(関連ブログ)
CACHATTO SecureBrowser(PC) V3.6.0 をリリースしました (2013/11/20)

以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2013年11月15日)、CACHATTO V5.2 R1 をリリースいたしました。
このバージョンでは様々な機能強化が行われています。
本ブログでは、それら機能強化の内容を数回にわたりご紹介いたします。

第四回目は「管理者によるメールへのファイル添付機能の制御」です。

V5.2 R1 では、PC から CACHATTO のメールにファイルを添付する機能に対して
以下の制御を行うことができるようになりました。

・アクセス元ブラウザ別のファイル添付許可/禁止設定
・ホワイトリスト/ブラックリストによる添付ファイルの制限
・添付できる合計ファイルサイズの制限

管理画面の設定項目
▲ 管理画面の設定項目

また、従来は新インターフェース利用時はメールへのファイル添付ができませんでしたが、
本バージョンより新インターフェースでもファイル添付をご利用頂けるようになりました。

新インターフェースのメール作成画面(V5.2 R1)
▲ 新インターフェースのメール作成画面(V5.2 R1)

より便利になった CACHATTO V5.2 R1 をぜひご利用ください。


以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2013年11月15日)、CACHATTO V5.2 R1 をリリースいたしました。
このバージョンでは様々な機能強化が行われています。
本ブログでは、それら機能強化の内容を数回にわたりご紹介いたします。

第三回目は「リアルタイムなログイン情報画面」です。

従来のバージョンでは、ユーザーのログイン状況は管理画面のユーザーログから確認するしかなく、
その場合でも「現在ログインしているユーザーが何人いるか」「誰がログインしているか」を確認することは困難でした。

V5.2 R1 では、管理画面のサーバー状況ページに「現在ログインしているユーザー数」を表示するようにしました。

サーバー状況画面に現在のログインユーザー数(有効セッション数)を表示
▲ サーバー状況画面に現在のログインユーザー数(有効セッション数)を表示

さらに、詳細情報画面ではログインしているユーザー名、ログインした日時などの情報を表示します。

セッション情報の詳細画面
▲ セッション情報の詳細画面

現在のログインユーザーを把握することで、
メンテナンスやバージョンアップのためにサーバーを再起動する判断が容易になります。


以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2013年11月15日)、CACHATTO V5.2 R1 をリリースいたしました。
このバージョンでは様々な機能強化が行われています。
本ブログでは、それら機能強化の内容を数回にわたりご紹介いたします。

第二回目は「Notes 文書リンクへの対応」です。

Notes メール内に記載された Notes 文書へのリンクは、
従来のバージョンでは一切表示されていませんでした。

V5.2 R1 では、文書リンクを表示し、メール本文からリンクを選択することで Notes 文書を直接閲覧することができるようになりました。
Notes DB 連携機能で連携している DB の文書が対象となります。

V5.2 R1 での文書リンク(左)と、従来(V5.1 R3 U001 まで)の表示(右)
▲ V5.2 R1 での文書リンク(左)と、従来(V5.1 R3 U001 まで)の表示(右)

Notes をご利用のお客様においては、Notes DB 連携機能をご利用頂くとともに
この機会でのバージョンアップをご検討ください。


以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2013年11月15日)、CACHATTO V5.2 R1 をリリースいたしました。
このバージョンでは様々な機能強化が行われています。
本ブログでは、それら機能強化の内容を数回にわたりご紹介いたします。

第一回目は「Notes リッチテキストへの対応」です。

CACHATTO は Notes メールとの連携機能を以前より提供していましたが、
文字装飾、画像挿入などを利用したメールはテキストのみを出力して表示していました。
CACHATTO V5.2 R1 では、Notesクライアントや iNotes とほぼ同等にリッチテキストを再現するよう機能強化を行いました。

V5.2 R1 での表示(左)と、従来(V5.1 R3 U001 まで)の表示(右)
▲ V5.2 R1 での表示(左)と、従来(V5.1 R3 U001 まで)の表示(右)

本機能は V5.2 R1 へバージョンアップするだけで自動的に有効化されます。
従来仕様のままで運用したい場合は、管理画面から設定を変更することが可能です。

Notes をご利用のお客様においては、この機会にバージョンアップをご検討ください。


以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日(2013年9月18日)、CACHATTO SecureBrowser(PC) V3.5.0 をリリースいたしました。
本バージョンからご利用頂ける MDM 機能の一部をご紹介いたします。

V3.5.0 では、これまでは CACHATTO SecureBrowser(iOS/Android) のみ搭載していた
アプリロック機能が新たに搭載されています。

この機能の使用を、ユーザーに対して管理者が強制することができます。
設定方法は、MDM ポリシー設定画面でアプリロックの「強制有効化」を ON に設定します。
この設定は iOS, Android 端末と共通の項目となっています。

ロック解除番号が設定されていない状態でログインを試みると、設定を促すダイアログが表示されます。
ロック解除番号が設定されない限りログインすることはできません。

ロック解除番号を設定せずにログインしようとするとアラートが表示される
▲ ロック解除番号を設定せずにログインしようとするとアラートが表示される


以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
かねてより「スマートデバイスで撮影した写真をCACHATTOのメールで送りたい」というご要望を
多数いただいておりました。
CACHATTOの次のバージョンでは、この機能を実装すべく鋭意開発を進めております。

スマートフォンインターフェースでのメール作成画面(画面は開発中のものです)
▲ スマートフォンインターフェースでのメール作成画面(画面は開発中のものです)

タブレットインターフェースでのメール作成画面(画面は開発中のものです)
▲ タブレットインターフェースでのメール作成画面(画面は開発中のものです)

「ファイルを追加」を選択することで、カメラで撮影した画像、
または端末上の画像をメールに添付することができます。

また、サイズの大きい画像ファイルをその場でリサイズして送信することもできる予定です。

画面のサイズをその場で変更
▲ 画面のサイズをその場で変更

この機能は管理者画面から許可/禁止の設定が可能です。
(デフォルトでは禁止となります)

現場からの報告メールに現場写真を添付するなど、
新たなスマートデバイスの活用方法をご提案いたします。

以上

※ 2013年9月3日追記
V5.1 R3 でのリリースでは、iOS 6 以上の端末のみ本機能をご利用頂けます。
Android 端末でのご利用は V5.1 R3 U001 での対応を予定しています。

関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
 
e-Jan Copyright (C) e-Jan Net.Co All Rights Reserved.