前の一覧1次の一覧
先日リリースしたCACHATTO V5.6 R9では、「メールにファイルを添付する際の選択元を制御する機能」が実装されました。
本記事では、こちらの機能についてご紹介いたします。

CACHATTO SecureBrowser for iOS または Android でメールを作成する際には、添付ファイルとして以下のファイルを選択することが可能です:
・ご利用端末に保存されているファイル
・各種クラウドストレージに保存されているファイル
本機能では、このうち「クラウドストレージに保存されたファイルの添付」を許可または禁止することができます。

null
CACHATTO SecureBrowser for iOSの場合

クラウドストレージの利用が広まりつつある昨今では、社内で扱われるデータに対して関心をお持ちのお客様も多いことかと思われます。
本機能がお客様環境での安心・安全なデータ利用に役立つことができれば幸いです。

※本機能は、CACHATTO SecureBrowser for iOS V3.27.0以降、またはCACHATTO SecureBrowser for Android V3.28.0以降が必要です。
※本機能を有効化した場合は上記SecureBrowserバージョン未満ではファイル添付機能がご利用いただけません。

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
先日リリースしたCACHATTO V5.6 R8では、Exchangeメールにおける上長BCCメール転送機能を実装しました。
今回はこの「Exchangeメールにおける上長BCCメール転送機能」についてご紹介いたします。

V5.6 R8 ではExchangeメール送信時に、社外へのメール(社内ドメインを除外する設定)送信の場合、自動で上長をBCCに付与します。
これにより、社内メールクライアントだけではなく、CACHATTOからメールを送信する際にも内部監査が可能です。

※本機能を使用するには、CACHATTOサポートセンターによる設定変更やADでの設定が必要です。CACHATTOサポートセンターまでお問い合わせください。
※Notesメールにおける上長BCCメール転送機能は実装済みです。ご利用の際はCACHATTOサポートセンターまでお問い合わせください。

より便利になったCACHATTO、是非ご利用ください!

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
CACHATTO V5.6 R1(6月16日リリース)では、メール機能のインターフェースを刷新し、直感的にご利用いただける様、改善いたしました。
今回は、新たに機能が追加された「メールのフォルダー移動」についてご紹介いたします。

V5.6 R1にて、メールのフォルダー移動機能を実装しました。
本機能により、受信した複数のメールを任意のフォルダーに移動する操作をCACHATTOから行えるようになります。
※V5.6 R1では、Exchange EWSのみに対応しております。IMAPやNotesは今後対応予定です。

■メールのフォルダー移動例


利便性が向上したCACHATTOをぜひご利用ください!
※本機能は、スマートフォン(iOS、Android)にのみ対応しております。(PC、タブレット端末は、現在開発中です。)

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
CACHATTO V5.6 R1(6月16日リリース)では、メール機能のインターフェースを刷新し、直感的にご利用いただける様、改善いたしました。
今回は刷新された「メール返信操作」についてご紹介いたします。

V5.6 R1より、閲覧中のメールの返信は、最小限の画面切り替えのみで行えるようにレイアウトを改善しました。

■メール返信、写真添付までの例


利便性が向上したCACHATTOをぜひご利用ください!
※本機能は、スマートフォン(iOS、Android)にのみ対応しております。(PC、タブレット端末は、現在開発中です。)

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
メール本文に記載された社内ポータルのURLやファイルサーバーのリンクにアクセスしたい!ということはありませんか?

メール本文に記載されているURLがCACHATTOに連携しているポータルサイト および ファイルサーバーの場合、SecureBrowser上でページを開くことができます。
(管理者様が適切な設定を施している必要があります)

※連携されていないURLは社外サイトとして扱われ、SecureBrowser上では開けません

※本機能を使用するためには、CACHATTOサーバーが対象バージョン以上である必要があります
 ・メール本文中のファイルパスからファイルサーバーに直接アクセスできる機能:CACHATTO V5.3 R1
 ・メール本文中URLからポータルサイトに直接アクセスできる機能:CACHATTO V5.1 R2

詳細な設定方法および現在の制限事項については、サポートサイトにて公開中の「管理者マニュアル」をご参照ください。

便利なメールからのURLリンク機能、ぜひお試しください!


カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
メールアドレス時の自動入力補完機能の新しい紹介動画をポータルサイトにて公開しております。


▲画像をクリックすると機能紹介動画のページに移動します。

メール作成時、宛先入力の際にこれまで送信したことのあるメールアドレスが補完候補として表示されます。宛先入力の際の手間が軽減され、メールをより快適に送る事ができます。

詳しくは関連ブログを参照ください。


関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 1.お知らせ
投稿者: BPG
CACHATTOから送信したメールが意図せず必ず自分宛にも送信されてしまう場合、「自分宛BCCの送信」設定がされている可能性があります。

「自分宛BCCの送信」機能は、主にPOP3によるメール連携機能をご利用のお客様向けに実装された機能です。
(機能詳細に関しましては関連ブログ「CACHATTOにはメール送信履歴が残らない?」をご確認ください)

この機能を使用しない場合、「自分宛BCCの送信」設定をOFFにすることが可能です。
「自分宛BCCの送信」設定は、管理画面またはユーザー様の設定から、ユーザー単位でON/OFFを切り替えることができます。
※ 設定方法は 管理者マニュアル(V5.4 R1 対応版) P.51 または、CACHATTOユーザーマニュアル(HTML) 目次 > ユーザー設定 > ユーザー設定項目 > 自分宛BCC をご参照ください。

なお、CACHATTO V5.1 R3 以降の場合、「自分宛BCCの送信」機能をPOPサーバーの利用時に限定することができます。
※ 本機能のご利用には、CACHATTOサポートセンターでの設定作業が必要です。

上記事項をご確認いただいても事象が解消しない場合は、CACHATTOサポートセンターへお問い合わせください。


関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG

CACHATTO V4.6 R1の新機能/機能強化を詳しくご紹介いたします。

第三弾は
「メール開封確認要求機能」です。

CACHATTOからメールを送信する際に、メール開封確認の返送を要求できるようになりました。

管理画面の
「サーバー設定」>「セキュリティポリシー」にて
「開封確認要求機能」を「ON」にするとご利用いただけます。
(初期設定では「OFF」になっています。)



ユーザー画面のメール作成画面にて
[□ 開封確認の返送を要求する]
のチェックボックスにチェックして送ったメールは、開封確認の返送を要求します。



この機能は、ユーザーごとのセキュリティポリシー設定には入っておりませんので、
1台のCACHATTOサーバーに登録された全ユーザーが同じ設定(「ON」または「OFF」
どちらか)になります。

以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
CACHATTO V4.6 R1の新機能/機能強化を詳しくご紹介いたします。

第二弾は
「メール送信時の自動下書き保存機能」です。

メール送信の際に、メールサーバー側のエラーなどで送信に失敗すると、
これまでは画面左下の「戻る」ボタンでメール作成画面に戻ることができましたが、
入力した内容が消えていました。

V4.6 R1では、お客様社内に設置されたCACHATTOサーバーまで届いた送信内容は、
送信に失敗しても、自動でCACHATTOサーバー内に下書きメールとして保存できる
ようになりました。

下書き保存されたメールは、
「メールメニュー」「下書き」フォルダに
「[送信エラー]○○○○(メールの件名)」と表示されます。

  
    メール作成画面           送信エラー画面

  
    下書きメール一覧         下書き保存メール詳細

なお、電波の遮断などで、メールの送信内容がお客様社内のCACHATTOサーバーまで届かなかった場合は、自動下書き保存されませんのでご注意ください。

以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG

CACHATTO V4.5 R3 U002で「メール下書き機能」を追加いたしました。

メール編集中に画面上部のメニューで「保存」を押すとCACHATTOサーバーに下書きが保存されます。
引き続き編集画面が表示されますので、そのまま編集を継続できます。



中断した編集を再開するには、メニューの「下書き」を選択してください。
下書きメールの一覧が表示されます。
メールを選択すると編集を再開することができます。



画像は、iPhoneインターフェース時のものです。
他のインターフェースでのデモをご希望のお客様は、お気軽に弊社営業部までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ
CACHATTOポータルサイト お問い合わせページ


関連キーワード :
/ / /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
(2012年10月10日追記)
BlackBerry端末はサポート対象外です。
よろしくお願いいたします。

BlackBerry Boldで、CACHATTOからメールなどに添付されたファイルを閲覧する際のご注意です。
Officeファイルを初めて開く時に、以下のような英文が表示されます。
null

この英文はOfficeファイル編集ソフトのライセンスに関して書かれています。
『BlackBerry Boldマニュアル』の132ページにあるように、「Accept」を押してください。
http://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/support/trouble/manual/download/blackberrybold/Bold_J_All.pdf
null

また、同じくマニュアルの132ページにあるように、このソフトは日本語で作成されたファイルには
対応していないため、ファイルによっては文字化けしてしまう可能性もあります。
CACHATTOでメールに添付されたOfficeファイルを開いて文字化けしてしまった場合、CACHATTOのオプション機能である「添付ファイル変換」を利用して画像やテキストへ
変換すると、閲覧できる可能性があります。

詳しくは、ビジネスパートナーグループまでお問い合わせください。

TEL: 03-3239-5495 FAX: 03-3239-5203
E-mail:

以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TEC
前の一覧1次の一覧
 
e-Jan Copyright (C) e-Jan Net.Co All Rights Reserved.