CACHATTOでメールを返信する際、デフォルトの設定では引用符「>」が付与されます。

20150202-2015020202s.jpg

この引用符を付けたくない場合には、以下の通り引用符の付与設定を変更することが可能です。
※ 設定変更はCACHATTO V4.6 R1 以降で可能です
※ 本設定はすべてのユーザーに適用されます

1.「転送する」選択時は引用符を付与せず、「返信する」「全員に返信」選択時には引用符を付与する。(初期設定)
2.「返信する」「全員に返信」選択時は引用符を付与せず、「転送する」選択時には引用符を付与する。
3. 全ての場合において引用符を付与する。
4. 全ての場合において引用符を付与しない。

※ 引用符の記号を「>」以外に変更することはできません

なお、本設定の変更には、CACHATTOサポートセンターによる設定作業が必要です。

設定の変更をご希望の際はCACHATTOサポートセンターまでお問い合わせください。

関連キーワード :
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
管理画面からダウンロードができるログファイルの種類についてご紹介します。
CACHATTOのログの一部は管理画面(メンテナンス > ログファイル作成)からダウンロードすることが可能です。


ユーザーログ…ユーザーの操作ログです。ユーザーが操作を行った日時、ログインID、部署名、ユーザーのアクセスページ等がログに出力されます。
 → 管理画面 > メンテナンス > ユーザーログ からも同様の内容が確認できます。


管理者ログ…管理画面の操作ログです。管理画面にて操作を行った日時、管理者ID、管理者のアクセスページ、作業内容がログに出力されます。
 → 管理画面 > メンテナンス > 管理者ログ からも同様の内容が確認できます。


詳細ログ…サポートセンターでの調査/解析に使用します。


ダウンロードができるログの種類につきましては、「CACHATTO 管理者マニュアル (Ver5.4 R2対応)」のP.116にも記載がありますので、ご確認ください。
※ 上記マニュアルはサポートサイトからのダウンロードが可能です


なお、ユーザーログと管理者ログはサポートツールで定期的に自動取得することもできます。
詳しくは以下の関連ブログをご参照ください。


関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
メールアカウントロック機能とは、メールサーバー認証に規定回数以上失敗した場合に、
CACHATTOからメールサーバーへのアクセスを一時的に抑制し、メールサーバー側のアカウントロックを防止する機能です。

本機能は、主にExchangeサーバーならびにAD/LDAPサーバーをご利用されている方向けの機能です。
※ ADのアカウントロックを防止するための機能です

※ POPサーバーをご利用の場合、本機能は非推奨です
(CACHATTO V5.4 R3 にて修正 [2015/01/06])


CACHATTOのメールアカウントがロックされた場合、CACHATTOのメールおよびスケジュール機能がご利用いただけません。
加えて、メールの自動更新機能もご利用頂けなくなります。

メールアカウントロックはCACHATTOに設定したメールパスワードを更新すると解除されます。
(更新パスワードが間違っていると、再度ロックがかかります)

設定手順につきましては、「CACHATTO 管理者マニュアル (Ver5.4 R2対応)」のP.53に記載がありますので、ご確認ください。
※ 上記マニュアルはサポートサイトからのダウンロードが可能です

ご不明点がありましたら、CACHATTOサポートセンターへお問い合わせください。


[2015/4/1 一部修正]

関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
CACHATTOでは、「通知フォルダ設定」を行うことにより、受信フォルダ以外のフォルダに届いたメールも
「プッシュ通知機能」や「受信通知メール機能」の対象にすることが可能です。
設定手順はインターフェースごとに異なります。

今回は例として「A社案件」と「B社案件」フォルダに新着メールを受信した際に通知がされるように設定します。

■スマートフォンインターフェースの場合
※ 表示フォルダ設定は過去のブログ記事「[よくいただくご質問]受信フォルダ以外のメールもCACHATTOから閲覧できますか?」をご参照ください


 1. メール一覧のメニュー(画面左上アイコン)から、「表示フォルダ設定」を選択します。

20141126-20141126011.jpg


 2. 画面上部にある「メニュー」をタップします

20141126-20141126021.jpg


 3. 「通知フォルダ設定」を選択します

20141126-20141126031.jpg


 4. 「A社案件」「B社案件」をチェックし、[保存]ボタンを選択すると設定は完了です。

20141126-20141126041.jpg



■タブレットインターフェースの場合
※ 表示フォルダ設定は過去のブログ記事「[よくいただくご質問]タブレットインターフェースから受信フォルダ以外のメールを閲覧できますか?」をご参照ください

 1. TOPページより「ユーザー設定」を選択します。
 2. 「メール設定」メニューより、「Excahange/IMAPサーバー設定」または「Notesサーバー設定」を開きます。

20141126-20141126061.png


 3. 「A社案件」「B社案件」の「メール受信通知配信」項目をチェックし、画面右上の[登録する]ボタンを選択すると、
設定は完了です。

20141126-20141126072.png


※ POPサーバーとのメール連携機能をご利用のお客様は、POPメールサーバーの仕様上、inboxのみが取得および通知の対象となります。




関連キーワード :
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
利用者様が自分宛BCCの設定を変更できない場合、管理画面側の設定(※)が「セキュリティポリシーと同設定」になっている可能性があります。
管理画面にて該当ユーザーの設定が「セキュリティポリシーと同設定」になっている場合、利用者様で自分宛BCCの設定を変更することはできません。
利用者様での自分宛BCC設定変更を許可する場合、管理画面側では「ON」または「OFF」にご設定ください。

※ 管理画面→ユーザー設定→ユーザー情報 該当ユーザーの「自分宛BCCの送信」項目

なお、「自分宛BCCの送信」機能は、主にPOP3によるメール連携機能をご利用のお客様向けに実装された機能です。
(機能詳細に関しましては関連ブログ「CACHATTOにはメール送信履歴が残らない?」をご確認ください)

また、CACHATTO V5.1 R3 以降の場合、「自分宛BCCの送信」機能をPOPサーバーの利用時に限定することができます。
※ 本機能のご利用には、CACHATTOサポートセンターでの設定作業が必要です。

上記事項をご確認いただいても事象が解消しない場合は、CACHATTOサポートセンターへお問い合わせください。



関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
以前のブログ記事にてご紹介しました通り、CACHATTOから参照できるメールフォルダは、受信フォルダや送信フォルダだけではありません。

Notes、Exchange、IMAPサーバとのメール連携機能をご利用のお客様では、CACHATTOの利用者様がPCのメールソフト等で作成されたフォルダも参照させる事が可能です。
※ スマートフォン向けインターフェースでの設定方法は関連ブログ「 [よくいただくご質問]受信フォルダ以外のメールもCACHATTOから閲覧できますか?(2013/10/25) 」をご覧ください。



タブレット向けインターフェースでの、「表示フォルダ設定」手順をご説明します。

 1. TOPページより「ユーザー設定」を選択します。

 2. 「メール設定」メニューより、「Exchange/IMAPサーバー設定」および「Notesサーバー設定」を開きます。

20141106-2014110601s.png


   今回新たに「A社案件」と「B社案件」フォルダのメールを閲覧できるように設定します。

 3.「A社案件」「B社案件」の「一覧表示」項目をチェックし、画面右上の[登録する]ボタンを選択すると、表示フォルダの設定は完了です。

20141106-2014110602s.png


 4. メール画面左上の「フォルダ一覧」ボタンを押し、フォルダ名を選択することで、デフォルトの受信フォルダ以外のメールも閲覧できます。

20141106-2014110603s.png


※POPサーバーとのメール連携機能をご利用のお客様では、「表示フォルダ設定」は
 ご利用いただけません。



カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
CACHATTOから送信したメールが意図せず必ず自分宛にも送信されてしまう場合、「自分宛BCCの送信」設定がされている可能性があります。

「自分宛BCCの送信」機能は、主にPOP3によるメール連携機能をご利用のお客様向けに実装された機能です。
(機能詳細に関しましては関連ブログ「CACHATTOにはメール送信履歴が残らない?」をご確認ください)

この機能を使用しない場合、「自分宛BCCの送信」設定をOFFにすることが可能です。
「自分宛BCCの送信」設定は、管理画面またはユーザー様の設定から、ユーザー単位でON/OFFを切り替えることができます。
※ 設定方法は 管理者マニュアル(V5.4 R1 対応版) P.51 または、CACHATTOユーザーマニュアル(HTML) 目次 > ユーザー設定 > ユーザー設定項目 > 自分宛BCC をご参照ください。

なお、CACHATTO V5.1 R3 以降の場合、「自分宛BCCの送信」機能をPOPサーバーの利用時に限定することができます。
※ 本機能のご利用には、CACHATTOサポートセンターでの設定作業が必要です。

上記事項をご確認いただいても事象が解消しない場合は、CACHATTOサポートセンターへお問い合わせください。


関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
先日(7/10)のブログで、CACHATTOの自動ログアウト機能(※1)をご紹介しました。

CACHATTOサーバーとCACHATTO SecureBrowser間で一定時間通信がない場合には、
自動でログアウトし、情報漏えいのリスクを軽減させる機能です。

しかしそこで不安になるのが、CACHATTOで作業中に既定の一定時間を経過してしまうと
自動的にログアウトしてしまうのではないかということ。

==================================

Q. CACHATTOで作業中でも規定の時間を過ぎるとログアウトしてしまいますか?

A. CACHATTO SecureBrowserに対して操作している間は、ログアウトしません。
 
 CACHATTOのセッションは、CACAHTTO SecureBrowserの操作によって延長されます。
CACHATTO SecureBrowserを操作している限り、通信が発生しなくても、
ログアウトしません。(※2)
==================================

※1:自動ログアウト機能につきまして詳しくは、
・[よくいただくご質問]ブラウザにキャッシュされた情報はどうなりますか?
・[よくいただくご質問]CACHATTOの自動ログアウト時間を変更できますか?

※2:ただし、メール作成中などに、ソフトキーボードをたたいているだけでは、
セッションは延長されません。せっかく書いた長文メールを消さないためには
CACHATTOの下書き保存機能を使い通信を発生させるか、
画面をスワイプするなどのCACHATTO SecureBrowserへの操作を行ってください。
・CACHATTOで長文メールを作成する際のおすすめ運用

関連キーワード :
カテゴリー: 1.お知らせ
投稿者: BPG
CACHATTO SecureBrowserでは、情報を端末のメモリ上に一時キャッシュすることで
スムーズなメールやファイルの閲覧を可能としています。

そこでよくいただく2つの質問に今回はお応えします。
===============================

Q1: 「ブラウザにキャッシュされた情報はどうなりますか?」

A1: CACHATTOからログアウトすると自動的に消去されます。

===============================

Q2: 「CACHATTOからログアウトするのを忘れてしまった場合はどうなりますか?」

A2: 一定時間(※)以上CACHATTOサーバーとCACHATTO SecureBrowserとの間で
   通信がない場合には、自動でログアウトし、キャッシュにある情報は消去されます。
   ※時間は、管理画面から任意設定可能です。

===============================



関連キーワード :
カテゴリー: 1.お知らせ
投稿者: BPG
 
CACHATTOサーバーには、各主要プログラムやディスクが正しく稼働していない
場合に、異常を検知し自動復旧を試みたり、管理者へ状況を通知する
モニター機能が実装されています。
以下に各モニター機能の概要をご説明します。
(詳細やご不明点については、CACHATTOサポートセンターへお問い合わせください)

・ポーリングモニター

ポーリングモニターは、CACHATTOのポーリングの稼働状況をモニタリング
しています。
何らかの理由によりポーリングが停止した際には、状況に応じてプログラムや
OSの再起動を実行し、障害状態からの復旧を行います。

・メール更新プログラムモニター

CACHATTOは一定間隔でメールサーバーから新着メールのデータを
取得していますが、このメールの取得処理が正常に稼働しているかどうかを
モニタリングしているのがメール更新プログラムモニターです。
設定時間内に新着メールのデータ取得が完了しない場合は、メール更新
プログラムを再起動し、稼働状況の改善を試みます。

・ディスク監視モニター

CACHATTOのHDD使用量が設定値を超えた際に、ディスク監視モニターが
管理者宛てに、メールで通知します。
ディスクフルを未然に防止いただくための機能です。

関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
CACHATTOのご利用ユーザー増加に伴い、CACHATTOサーバーのスペックアップが
必要な場合があります。

弊社ポータルサイトに、ユーザー数毎の推奨サーバースペックの一覧表を掲載しており
ますので、ユーザーライセンスの増数をご検討中のご利用企業様は、念のため以下ページを
ご確認ください。

CACHATTOポータルサイト - 製品情報 - 動作環境・仕様 - システム要件
(「サーバー環境」 - 「ハードウェア」 をご参照ください)
https://www.cachatto.jp/product/requirement/system.html

関連キーワード :
カテゴリー: 1.お知らせ
投稿者: TSG
 
CACHATTOサーバーの最新バージョンへのプログラムアップデートは、CACHATTO管理画面
経由で実施いただけます。
「システムメンテナンス管理画面」からアップデート先バージョンを指定し、「アップデート」
ボタンをクリックすると、アップデートファイルのダウンロードからプログラムアップデートの
適用までが自動で実行されます。

■システムメンテナンス管理画面へのアクセス(CACHATTO管理画面)
 「メンテナンス」 - 「システムメンテナンス」 - 「『システムメンテナンス』管理ページへ
 ログインする」

※アップデート完了後は、CACHATTOプログラムの再起動が実行され、30秒程度のサービス
 停止が発生します。
※システムメンテナンス管理画面へは、全権管理者権限でのログイン認証が必要です。
※プログラムアップデート手順の詳細については、「管理者マニュアル」も併せてご参照ください。
※プログラムアップデートの詳細内容は、CACHATTOサポートサイトよりリリースノートを
 ご確認ください。



関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
CACHATTOサーバーのIPアドレスは、CACHATTOの管理画面より変更いただけます。

■設定箇所(CACHATTO管理画面)
 「サーバー設定」 - 「ネットワーク設定」 - 「CACHATTO IPアドレス」

※管理画面の同ページより、DNSやゲートウェイサーバー等のネットワーク設定も変更可能です。

なお、IPアドレスを含めたネットワーク設定のご変更後はCACHATTOサーバーのOS再起動の
実行が必要となり、数分間サービス停止が発生いたしますので、あらかじめご注意ください。

また、設定変更後以下のページより、CACHATTOアクセスポイントへのポーリングが正常に
動作しているかをご確認ください。

■CACHATTOサーバーからCACHATTOアクセスポイントへの接続テスト
 「サーバー設定」 - 「プロキシ設定」 - 「CACHATTOアクセスポイント接続確認」 - 「接続テスト」

■CACHATTOサーバーのポーリング稼働状況
 「管理情報」 - 「サーバー状況」 - 「ポーリングステータス」


関連キーワード :
/
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
 
CACHATTOは「ファイルを持ち出させない」というコンセプトを重視し、
Officeファイルについては「閲覧」は可能ですが「編集」には対応しておりません。

小さな画面サイズ、タッチパネル操作のスマートフォンでは「閲覧のみ」でご納得
いただけても、キーボード、マウスが使えるPCでは「編集をしたい」というニーズが
多く寄せられていました。

「高セキュリティ下」で「Officeファイルの編集可能」を実現するCACHATTOの機能強化
オプションが、「CACHATTO Desktop for Windows」(以下 CACHATTO Desktop)です。

CACHATTO Desktop は、
Officeファイルをセキュアなサンドボックス領域(仮想作業領域)に保存し、
ユーザーにファイル編集を許可します。
保存した Officeファイルは、Windows PC やタブレットにインストールされている
Microsoft Office を使用して、編集・保存できます。
当然、編集した Office ファイルはCACHATTOでメールに添付送信することが可能です。

サンドボックス領域に保存した Office ファイルは、CACHATTO Desktop の終了時に
サンドボックス領域とともに削除されるため、端末内にファイルのデータは残りません。

CACHATTO Desktop は今年4月より販売予定です。ご期待ください!

■弊社セミナー(2月12日開催)にて「CACHATTO Desktop」をご紹介いたします!
 セミナーの詳細はこちらをご覧ください。





関連キーワード :
/
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: TSG
 
CACHATTO利用中に電話着信した場合の挙動について、お客様から頂いたご質問と、
その回答をご紹介します。

Q:メール作成中に電話着信すると、CACHATTO SecureBrowserはどうなりますか?
  作成中のメールが消えたりしませんか?


A:電話着信後もCACHATTO SecureBrowserはそのままご利用頂けます。
  作成中のメールが消えることはありません。


(ご注意)端末のご利用状況により、上記の仕様通り動作しない場合があります。
     例:沢山のアプリが起動しメモリリソースが十分でない場合に、
       電話着信によりCACHATTO SecureBrowserが強制終了するケースなど。
       これらの挙動は端末・OSの仕様に依ります。

長文メールを作成される場合は、「下書き保存機能」を利用頂き、定期的に作成中の
メールを保存頂くことをお勧めします。

詳しくはこちらを覧ください↓
http://www.cachatto.jp/blog/cachatto/item_710.html

以上


関連キーワード :
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
 
CACHATTOサーバーの時刻ずれを予防・解消するには、CACHATTOアクセポイント
との自動時刻同期機能のご利用がお勧めです。

CACHATTOアクセスポイント との時刻同期を有効化すると、CACHATTOサーバーは
毎日 3:49AM に1日1度アクセスポイントと自動で時刻同期を行うようになります。

管理画面「サーバー設定」-「基本設定」より、「システム時刻をCACHATTOアクセス
ポイントと同期」を[許可]へ設定すると、設定が有効化されます。

なお、CACHATTOアクセスポイントの代わりに、任意のNTPサーバーとntpdによる
時刻同期を行う事も可能です。

※ntpdateコマンドを実行すると、ポーリングが停止する等の影響が発生する場合が
 ありますため、ntpdateコマンドの利用はお控えください。

以上

関連キーワード :
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
 
CACHATTO SecureBrowser(iOS/Android)でポータル連携機能を利用して
いる際に、ポータルページ内に貼られている別サイトへのURLリンクをタップすると、
CACHATTOの仕様上、別サイトのページはSafariブラウザやAndroid標準ブラウザで
表示されます。

別サイトのページも、SecureBrowser経由で表示したい場合は、管理画面からの
設定が必要です。

■設定手順■
1. 管理画面「サーバー設定」-「ポータル設定」で、URLリンクが貼られているポータルID
を選択します。

2. 「ポータルの詳細設定」-「変換対象ドメイン」の入力欄に、SecureBrowserで
表示させたいサイトのドメインを入力します。
「変換対象ドメイン」に追加されたサイトは、URLリンクをタップしても Safariや
Android標準ブラウザで表示される事はなくなります。

▼以下の例では、ポータル内に貼られている「http://192.168.X.XXX」
「http://192.168.YY.YYY」「http://192.168.ZZZ.ZZ」から始まるURLリンクを
タップした際に、SecureBrowserでページを開くように指定しています。
(設定内容は一例です)


以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
複数ユーザーのユーザー情報を新規登録、あるいは一括更新する際には、CSVファイルを使用した
「一括登録」機能のご利用がお勧めです。

一括登録機能では、ユーザー情報CSVに含まれるユーザーデータのみを更新します。
CSVファイルから削除したユーザーIDの情報は更新されません。
CSVファイルからユーザー情報を削除しても、CACHATTOからそのユーザーのデータが削除される事は
ありません。

例えば、「test1」〜「test5」までのユーザーが作成されたCACHATTOに、以下のように作成したCSV
ファイルをアップロードすると、「test1」「test2」「test3」の情報のみが更新され、「test4」「test5」
のユーザー情報は更新されません。


※ クリックで拡大

ちなみに上記の例では、「test3」の「CACHATTOの使用許可」のセルに[D]と記入されています。
「CACHATTOの使用許可」のセルに[D]と入力すると、そのユーザーIDはCACHATTOから削除されます。

以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
 
管理者様から、「ユーザー設定」メニューに関する以下のようなご質問をいただきました。

 『メールアカウントのパスワードは管理者側で一元管理しているので、「パスワード変更」
 メニューから「POP3パスワード」の項目を非表示にして、利用者の誤操作によるパスワード
 変更を防止したい』
 『「自分宛BCC」は利用者に公開していない機能ので、「自分宛BCC設定」は非表示にしたい』

どちらも、管理画面「セキュリティポリシー」ページでの設定変更により、要件を満たす事が可能です。

「サーバー設定」-「セキュリティポリシー」-「ユーザー機能制限」から、「ユーザー個人設定ページ
カスタマイズ」の「>> カスタマイズページ」にアクセスします。


「ユーザー個人設定ページカスタマイズ」ページでは、「ユーザー設定」ページ内の各メニュー項目の
表示/非表示を細かく指定することができます。

▼「POP3サーバーパスワード」の表示設定チェックを外します


▼「ユーザー設定」-「パスワード変更」ページにも変更が反映されました
(画像では「SMTPサーバーパスワード」からも表示設定チェックを外しています)


例えば「通知メール設定」を非表示に設定すると、このように通知メール機能に関連する
全ての設定項目が非表示に切り替わります。


※CACHATTOのインターフェースにより、「ユーザー設定」ページ内に表示される
 メニュー項目が異なります。
※一部メニューは、初期状態で非表示に設定されています。
※「ユーザー個人設定ページカスタマイズ」ページで実施した設定変更は、全ての
 利用者に対して即時反映されます。

以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
 
CACHATTOへのログイン時に、「接続エラーです」とメッセージが表示され、ログインできない
場合があります。



「接続エラー」が表示される原因はいくつか考えられますが、代表的なケースを数例ご紹介します。

1. 「アクセスポイントURL」が間違っている

CACHATTO SecureBrowser 経由で CACHATTO へログインする場合、ログイン前に
「設定」画面から CACHATTOアクセスポイントの URL を入力する必要があります。

CACHATTOアクセスポイントのURLの入力内容に間違いがあると、「接続エラー」が表示されます。
URLに余分な文字が入力されていないか、または必要な文字が不足していないか、ご確認ください。

2. ネットワーク(回線)状況が悪い、ネットワークに接続できない等の問題が発生している

LTE や 3G、Wi-Fi回線の電波状況が悪く、端末が正常にネットワーク接続できない場合や、そもそも
端末がネットワークに接続していない状況でも、「接続エラー」が表示される事があります。

Webブラウザ等でインターネット接続が正常に行えるかどうか、今一度ご確認ください。

以上


関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
e-Jan Copyright (C) e-Jan Net.Co All Rights Reserved.