前の一覧1次の一覧
ユーザー情報を一括登録する際に、既存ユーザーの現在の設定値をそのまま引き継ぎたいときはありませんか?
データの更新を行いたくない項目は、下記3通りの方法で、現在の設定値を引継ぐことが可能です。

方法1.管理画面より設定する

「一括登録」の設定「一括登録でCACHATTOパスワードを更新しない」および、
 同じく署名/通知メールフィルタリング/端末ID を更新しない設定をONとした場合は、
 {ORG}の有無(※後述)に関わらず、現状の値を引き継ぐことができます




方法2.CSVファイルにデータ更新したくない項目を入れない

CSVファイルに含まれない項目は、設定値が引き継がれます。


方法3.更新を行いたくない項目のデータに「{ORG}」を入力する

実データの代わりに「{ORG}」を入力すると既存データを引き継ぐことができます。

[2016-02-19 追記]

※一部設定項目は、{ORG}で既存データを引き継ぐことができません。詳しくは
 サポートセンターへお問い合わせください。

<引き継ぐことができないデータ>
 ・MDMポリシーグループ
 ・POP3 サーバー名
 ・POP3 アカウント ID
 ・IMAP/Exchange サーバー名
 ・IMAP/Exchange アカウント ID
 ・Notes サーバー名
 ・Notes アカウント ID
 ・SMTP サーバー名
 ・SMTP アカウント ID

カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
 
4月1日(月)より、2013年度が始まりました!
新入社員の入社や、部署移動等の影響で、CACHATTOのユーザー情報を
メンテナンスする必要があるお客様もいらっしゃるのではないかと思います。

本日は、CACHATTOに新規ユーザーを追加したり、既存ユーザーの情報を更新
する際の発生作業について、簡単にですがご案内します。
管理者様側で発生する作業と、ユーザー様でのみ実施いただける作業を分けて
記載しました。

※下記内容はあくまで作業の一例となり、全てのお客様で下記作業をご実施
 いただく必要はありません。

※下記作業の詳細手順は、各種マニュアルをご参照ください。

■■ 管理者様の作業 ■■

・新規ユーザーの登録
CACHATTOを新たに利用開始されるユーザー様の情報を、管理画面から登録します。
一度に複数のユーザー様の情報を登録する場合には、CSVファイルによる一括登録機能の
ご利用をお勧めします。

・既存ユーザーの設定変更
所属先が変更になった影響でメールアドレスが変更されたり、利用端末が変更になった既存
ユーザー様はいませんか?
既存ユーザーの情報のアップデートも、CSVでの一括更新が便利です。

・会社アドレス帳更新
新入社員や退職者の情報を、CACHATTOの「会社アドレス帳」にも反映させましょう!
CSVでの一括更新の他、AD、Notesアドレス帳との連携も可能です。

・ログインURLメール送信
新規ユーザー様へ、CACHATTOのログイン情報をメールで送信できます!
ユーザー個別で送信できるほか、ユーザー一括登録時に新規ユーザーのみへ向けてメールを送信
することもできます。

・Notesアドレス帳更新
(Notes連携機能を利用されているお客様で、Dominoバージョンが8.5.1未満の場合限定)
Notes IDとCACHATTOのユーザーIDを同じ日に新規作成した場合には、Notesアドレス帳
の手動更新が必要です。
こちらも併せてご参照ください。

■■ ユーザー様の作業 ■■

・ログインURLのブックマーク
CACHATTOをフィーチャーフォンで利用されるユーザー様が対象です。
管理者様から通知されたCACHATTOのログインページURLを、ブックマークへあらかじめ登録
いただくと、次回以降のログイン時にとても便利です。

・CACHATTO SecureBrowserのインストール
スマートフォン(iPhone/iPad/Android)のご利用ユーザー様が対象です。
CACHATTOを利用するには、CACHATTO SecureBrowser という専用アプリケーション
のインストールが必要です。
iOS版は App Store 、Android版は Google Play ストアよりダウンロードできます。

・署名登録
PCのメールクライアントと同様に、CACHATTOから送信するメールにも署名が付けられます!
実際にCACHATTOを使い始める前に、あらかじめ「ユーザー設定」からの事前設定をお勧めします。

・個人アドレス帳登録
ユーザー様が、自分自身で独自のアドレス帳をCACHATTOに作成・保存できます!
ご環境によっては、個人アドレス帳も一括登録ができるので便利です。

2013年度も、CACHATTO と CACHATTO ブログをどうぞよろしくお願いいたします!

以上

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
この時期、異動や新入社員の追加で、CACHATTO管理者の皆様にとっては
ユーザーの追加(あるいは変更)作業の増える時期かと思われます。
そこで、今回はCACHATTOからNotesにアクセスしているユーザーを登録される際に
よくお問い合わせいただく内容をご紹介します。

■現象:
Dominoサーバー、CACHATTOサーバーへユーザーを新規登録した際にメールが取得できない。

■エラーメッセージ(接続テストを行った場合):
Notesサーバー認証結果の状態に「NG-NotesDBエラー、NotesIDが無効です」と表示される。

null

社内サーバー接続状況に「Notes Mail Database details not available for user:***(CACHATTOのID
),***(NotesID)」と表示される。

null

CACHATTOへのアクセス時に「メールサーバーからデータを取得できません。ユーザー設定をご確認ください」と表示される。

null

■エラーの原因:
CACHATTOはNotesサーバーからアドレス帳(names.nsf)を取得し、Notes IDとメールDBのパス情報をCACHATTOのデーターベースに保存します。
CACHATTOでメール、スケジュールを取得、閲覧する際に、上記で保存されたNotes ID(メールDB)に対して、登録されたパスワードでNotesサーバーアクセスしますが、Notes IDが存在しない場合はメールの取得に失敗します。

■対応策:
CACHATTOはNotesアドレス帳を毎朝3時に自動更新していますが、以下の場合、アドレス帳の
手動更新が必要です。
・NotesサーバーとCACHATTOへ同じ日にユーザー登録し、即日使用開始する場合
・Notesアドレス帳の情報が変更された場合
 
■補足:
以下の場合も同様のエラーが発生します。この場合、正しい情報を登録し、アドレス帳の手動更新を行ってください。
・Notes IDの大文字、小文字違い
・スペース有無の違い

関連キーワード :
/ / /
カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: MPG
前の一覧1次の一覧
 
e-Jan Copyright (C) e-Jan Net.Co All Rights Reserved.