CACHATTOをAndroid端末から使用して、メールやファイルサーバー上のパスワード
付きファイルを閲覧する方法をご説明します。

Android端末でメールの添付ファイルやファイルサーバー上のファイルを閲覧するには、
CACHATTO SecureBrowser (Android) と、CACHATTO専用ファイルビューア
(ThinkFree Office for CACHATTO)のインストールが必要です。

ThinkFree Office for CACHATTOでは、Microsoft Officeファイル各種
(Word/Excel/Powerpoint *1)、およびPDFを閲覧できます。

2013年3月7日時点では、パスワード付きファイルにも以下の通り対応しています!

*1 パスワード付のOffice 97 - 2003形式のPowerpoint(.ppt)には対応していません。

パスワード付きの添付ファイルを、メール画面から実際に展開してみます。

▼メール一覧から対象のメールを選択し、添付ファイル一覧から展開したいファイルの
横にある、[DL](ダウンロード)ボタンをタップします。


▼パスワードを入力します。


▼パスワードが解除され、ThinkFree Office for CACHATTOでファイルを展開
しました。


iPhone・iPadでのパスワード付きファイルへの対応状況については、後日改めてご案内
します。

以上

(2013-05-24、2014-10-24) 閲覧対応ファイル種別・拡張子一覧表の内容を修正しました。

(関連記事)
CACHATTO SecureBrowser(Android) V2.00リリースしました (2012/01/17)
→ThinkFree Office for CACHATTO インストール方法を動画でご説明しています。

Android端末における、業務ファイル取扱い時のセキュリティリスクとは?(2012/06/21)
→Android端末でも安心して添付ファイルを閲覧可能です。

Android 4.0端末にデータを残さず社内ドキュメント閲覧
CACHATTO SecureBrowser (Android) V2.05リリース (2012/07/05)

→最新Android OS にも対応しています!

CACHATTO V5.0 R1の新機能(その3)ZIPファイルの閲覧 (2013/01/11)
→ZIPファイル(パスワード付き)も展開できます。

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
CACHATTOのログとバックアップデータの取得について、便利なツールのご紹介です。

CACHATTOを利用する上で何らかの問題が発生した時、バックアップデータを適用することで簡単に環境を復元することができます。
一方で、いつ必要になるかわからないバックアップデータを毎日管理画面から取得する、というのは面倒な話です。

そこで登場するのが「CACHATTOサポートツール」です。

これはCACHATTOのログファイルとバックアップデータを定期的に取得するCACHATTO専用ツールです。
CACHATTOサーバーに対してアクセス可能なパソコンに入れておき、簡単な設定をするだけでご利用頂けます。
バックアップデータの他、管理者ログとユーザーログも取得可能です。

特にCACHATTOサーバーがRAID構成でない環境ではぜひご利用頂きたいツールです。

この「CACHATTOサポートツール」はサポートサイトからダウンロード頂けます。
万一の時に備えてご活用ください。

以上。

(関連ブログ)
いざ!という時にも安心。CACHATTOのバックアップ

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。
第五弾は、「メールのスター機能」です。

CACHATTOでメールを閲覧する際、

・後からもう一度確認したい
・何か対応しなくてはいけない

ということがあると思います。

CACHATTO V5.0 R1の新機能により、特定のメールにスター(星印)を付けることができるように
なりました。

■ご利用方法
メール件名の左のチェックボックスにチェックを入れ、メニューから
「スターを付ける」を選択します。


スターを付けたメールは、一覧で件名の左側に星印がつきます。


メニューから、スター付きのメールのみを表示することも可能です。


※本機能をご利用いただくには、
 CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad/Android) V3.5.0以上が必要です



以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。

本日は、MDM機能の実装により可能になった自動ログアウトまでの時間の設定変更について
ご紹介します。

CACHATTOはセキュリティ保持のため、端末とCACHATTOサーバー間の通信が一定時間以上
行われなかった場合、ユーザーは自動的にログアウトします。

従来のバージョンのCACHATTOでは、自動ログアウトまでの時間が30分に固定されていました。

CACHATTO V5.0 R1では、この時間を、管理画面より任意の長さに設定できるようになりました。
(最短2分〜最長8時間)

当機能のご利用により、

・端末紛失時のセキュリティ対策の為にセッションの保持時間を短くしたい
・セッションを長く保持させ、より利便性を高めたい

などのご要望にお答えすることができ、CACHATTOをよりお客様の用途に合った環境で
お使いいただけるようになりました。

※本機能をご利用いただくには、
 CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad/Android) V3.5.0以上が必要です。


以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。

本日は、Android端末のMDM機能をご紹介します。

■画面ロック機能のポリシー適用

画面ロック機能は、端末が省電力モードから復帰した時にユーザーへパスワードの入力を求めるAndroid OSの機能です。

CACHATTOログイン時に、端末の画面ロック機能の適用、設定内容を確認し、管理ポリシーと
異なる場合、ユーザーへメッセージングします。


ユーザーが、画面ロックの解除に失敗(画面ロック解除の失敗回数が管理画面で設定した回数に到達)
した場合、端末を初期化(工場出荷状態)することも可能です。


※本機能をご利用いただくには、
 CACHATTO SecureBrowser(Android) V3.5.0以上が必要です。


以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。
第四弾はMDM機能(モバイルデバイス管理機能)です。

MDM機能の実装により、よりセキュアな環境でCACHATTOをご利用できるようになりました。

本日は、CACHATTO V5.0 R1でご利用可能なMDM機能の一つである「アプリロックの強制適用」を
ご紹介します。

アプリロックとは、CACHATTO SecureBrowserが一定時間タッチやボタンによる操作を受けなかった
場合や、バックグラウンドへ移行した時にロック解除番号の入力を求めるCACHATTO SecureBrowserの
機能です。

従来のバージョンのCAHATTOでは、アプリロックの設定はユーザーが端末側で任意で行う仕様でしたが、MDM機能によりCACHATTOの管理画面でアプリロックの設定を強制できるようになりました。

ユーザーがアプリロックの設定を行うと、アプリ起動時に以下の画面が表示されます。


アプリロックの強制が適応されているユーザーが、アプリロックの設定を行わずにログインを試みると、
以下のポップアップが表示されます。
20130118-2013011803.PNG

※本機能をご利用いただくには、
 CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad/Android) V3.5.0以上が必要です。


以上


関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
 
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。
第三弾は「ZIPファイルの閲覧」です。

※本機能をご利用いただくには、
 CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad/Android) V3.5.0以上が必要です


メールの添付ファイルや、ファイルサーバー内のZIPファイルを展開して
閲覧できるようになりました。パスワードがついているファイルも、
パスワード入力後、開くことができるようになりました。


↑ファイルサーバー内のZIPファイル
 タップすると展開します


↑パスワードつきファイルの場合は、パスワードの入力が求められます


↑正しいパスワードを入力すると開きます



以上

関連キーワード :
/ / /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。
第一弾は「タブレット用ユーザーインターフェースの新規実装」です。

iPad、AndroidタブレットおよびPCに最適化したタブレット用インターフェース画面を
新たに実装しました。



■特徴1
Ajax技術を活用しているため、少ない通信量で軽快に動作します。

■特徴2
メール本文をメモリキャッシュに先読みする機能により、地下鉄など
通信状況が不安定な環境でも快適にメールを閲覧することができます。

■特徴3
左右フリック操作で前後のメールに移動するなど、操作性を改善しました。


↑本文の先読みができているメールの件名は、左側が青くなっています
 メール本文で左にフリックすると次のメール、右にフリックすると前のメールに移動します

※CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad/Android) V3.5.0以上、
 CACHATTO SecureBrowser(PC) 3.3.0以上が対応しています。

※本機能をご利用いただくには、管理画面で「ユーザー設定」の「使用インターフェース」に
 「タブレット/PC」を追加していただく必要があります。

以上

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
CACHATTOのログイン認証機能についてご紹介するシリーズ、
第3弾は、「端末個体認証」です。

端末個体認証は、端末が個々に保有している個体識別情報を利用した認証方法です。
「端末ID認証」として多くのお客様にご利用いただいています。
ログイン認証時に端末の認証を行うことで、登録されたIDを持つ端末以外でのCACHATTOの
利用を禁止することができます。

また、端末IDは1ユーザーあたり4端末まで登録することが可能なため、1名のユーザーが
複数の端末で利用される際も、4端末までは1つのユーザーIDでご利用いただけます。

携帯電話でご利用いただく際には、通常のブラウザ利用で端末ID認証が可能です。


※端末ID認証確認画面は、携帯電話でのご利用時のみ表示されます

スマートデバイス(iPhone/iPad/Android) やPCの場合は、CACHATTO専用のブラウザ
アプリ(CACHATTO SecureBrowser) をご利用いただくことで、端末ID認証が可能です。

以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
 
CACHATTOのログイン認証機能についてご紹介するシリーズ、
第2弾は、「ユーザーID/パスワード認証について」です。

CACHATTOのログイン認証には、「固定パスワード認証」「ワンタイムパスワード認証」
「AD/LDAP認証」「RSA SecurID認証」からお選びいただけます。


・固定パスワード認証(標準提供)
ユーザーのIDとパスワードを任意に設定していただけます。
パスワードには有効期限をつけることができます。



・ワンタイムパスワード認証(標準提供)
ユーザーIDは任意に設定することができます。
パスワードには、アクセスする度に毎回ランダム表示されるパスワード表から、
事前に登録したアルファベットに対応した数字とPINナンバー(暗証番号)を組み合わせた
パスワードを入力します。
パスワード(アルファベットとPINナンバー)には有効期限をつけることができます。



・AD/LDAP認証(標準提供)
Active Directoryに登録されているユーザーIDとパスワードで認証します。
ユーザーIDには、Active Directoryで登録したユーザーログオン名を登録し、
パスワードには、Active Directoryのパスワードを入力します。



・RSA SecurID認証(オプション)
RSA SecurID 認証トークンを利用したワンタイムパスワードを、ログイン認証時に
利用できます。
ユーザーIDには、RSA SecurIDで登録したIDを登録し
パスコードには、RSA SecurID 認証トークンで生成されたコードとPINコード(暗証番号)を
組み合わせたワンタイムパスコードを入力します。

  

また、パスワードの入力を一定回数以上間違えてしまうと、アカウントがロックされるように
設定することも可能です。回数は管理画面で設定することができます。

以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
 
今回から数回にわたって、CACHATTOのログイン認証機能についてご紹介いたします。

まず第1弾は、「複数の認証方法の組み合わせについて」です。

CACHATTOの認証方法として、以下の3種類があります。

1.ユーザーID・パスワード認証
  固定パスワード認証、ワンタイムパスワード認証、AD/LDAP認証、RSA SecurID認証から
  お選びいただけます
  CACHATTOのログイン認証機能について(2)ユーザーID/パスワード認証

2.端末個体認証
  端末固有のIDで認証を行います
  CACHATTOのログイン認証機能について(3) 端末個体認証

3.CACHATTO SecureBrowser認証
  CACHATTOの専用アプリ(CACHATTO SecureBrowser)からのみご利用いただけるようにします

※CACHATTO SecureBrowser V3.5以前のバージョンをお使いの場合は、CACHATTOサポートセンターからCACHATTOサーバーの設定変更が必要です。
V3.5以降をお使いの場合は、CACHATTOのMDM機能を使って管理画面で設定することが可能です。
詳しくは、下記のエントリーをご参照ください。

CACHATTOのログイン認証機能について(4)CACHATTO SecureBrowser認証

上記3種類の認証を組み合わせてご利用いただくことにより、強固な認証で安全にご利用いただけます。



次回以降、それぞれの認証方法について詳しくご紹介いたします。

以上

2013/5/16
CACHATTO SecureBrowserのバージョン別の本機能のご利用開始方法について追記しました。

関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
 
9月27日に、CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad) V3 をリリースいたしました。
CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad) V3は、ポータル連携を強化しております。

本日は第一弾として、「ID/パスワードの自動入力」についてお伝えいたします。

これまで、CACHATTOのポータル連携では、PCもしくはスマートフォン用の
インターフェースを利用する際、CACHATTOにログインした後、さらに
ポータルのID/パスワードを入力してポータルにログインする必要がありました。

CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad) V3 では、CACHATTOサーバーに
ポータルのログインID/パスワードを登録しておくと、自動的にログイン画面に
ID/パスワードが入力されるようになりました。

※本機能をご利用いただくためには、CACHATTOサーバーのバージョンが V4.6 R1以上で
 ある必要があります。V4.6 R1 U002以上を推奨します。

■サイボウズガルーン3
CACHATTO SecureBrowser(iPad) V3.00

 (ID/パスワードが自動入力されます)

■サイボウズガルーン3
CACHATTO SecureBrowser(iPad) V1.09

 (ID/パスワードが自動入力されません)

※2013年1月9日 追記
ID/パスワードの自動入力機能はiOS 5 以降でご利用いただけます。

以上

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG

CACHATTO V4.6 R1の新機能/機能強化を詳しくご紹介いたします。
第六弾は「共通パスワード機能」です。

CACHATTOでは、連携システム(メール、社内イントラ 等)のパスワードをCACHATTOサーバーに登録することにより、CACHATTOログイン後そのまま連携システムをご利用いただくことができます。
例えば、CACHATTOのログインにAD/LDAP認証をご利用の場合は、CACHATTOログインによりそのままAD/LDAP管理下のメール/社内イントラをご利用いただくことができます。

【課題】
従来、CACHATTOサーバーの連携システムのパスワード設定は「システム毎に個別設定」という仕様であったため、例えば「3ケ月毎にAD/LDAPパスワードを変更」というパスワードポリシを運用されている企業のCACHATTOユーザー様は、AD/LDAPパスワード変更実施のたびに、CACHATTO SecureBrowserのユーザー設定画面から連携システムごとにパスワードを変更いただく必要がありました。

【改善】
パスワード変更時の運用負荷軽減を目指し、連携システムのパスワード設定方法を「システムごとにパスワード設定」だけでなく「共通パスワード設定」を可能としました。
連携システムのパスワードが「共通パスワード設定」されていれば、CACHATTOのログインパスワードが変更されても、従来のようなユーザーが作業する必要なく、各連携システムをご利用いただけます。

(特記事項)
・共通パスワード機能を複数のパスワードで運用することはできません。
・共通パスワード機能のご利用はCACHATTOサーバー毎での選択となります。ユーザー毎に共通パスワード機能を利用する/しない、を選択することはできません。

以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
CACHATTO V4.6 R1の新機能/機能強化を詳しくご紹介いたします。
第五弾は「Notes DB閲覧機能の強化(設定画面の改善)」です。

これまで、CACHATTO経由での「Notes DBの閲覧」は、
お客様からサンプルデータの入ったNotes DBをご提供いただき、弊社技術者より仕様確認や利用用途のヒアリングを行った上で、お客様のCACHATTOにカスタマイズを実施する、
というフローで実現しておりました。(オプション製品「Notes DB連携設定パック」のご購入が必要)

CACHATTO V4.6 R1からは、
弊社に作業委託する必要なく、標準機能として「Notes DBの閲覧」が可能となりました。
(「Notes連携ライセンス」は必要です)
CACHATTO管理画面内の設定により実現され、DB数は6DBまで対応しております。

なお、本機能のご利用に際しましては、CACHATTOアクセスポイントの設定変更作業が必要となります。「CACHATTOサポートセンター」までご連絡ください。

「NotesDB連携機能設定マニュアル」はサポートサイトよりダウンロードいただけます。

CACHATTOでNotesをご利用中のお客様は、是非この機会に「Notes DB閲覧機能」をご利用ください!

  
         ▲スマートフォンでのNotes DB閲覧画面

関連キーワード :
/ / /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG

CACHATTO V4.6 R1の新機能/機能強化を詳しくご紹介いたします。

第三弾は
「メール開封確認要求機能」です。

CACHATTOからメールを送信する際に、メール開封確認の返送を要求できるようになりました。

管理画面の
「サーバー設定」>「セキュリティポリシー」にて
「開封確認要求機能」を「ON」にするとご利用いただけます。
(初期設定では「OFF」になっています。)



ユーザー画面のメール作成画面にて
[□ 開封確認の返送を要求する]
のチェックボックスにチェックして送ったメールは、開封確認の返送を要求します。



この機能は、ユーザーごとのセキュリティポリシー設定には入っておりませんので、
1台のCACHATTOサーバーに登録された全ユーザーが同じ設定(「ON」または「OFF」
どちらか)になります。

以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
CACHATTO V4.6 R1の新機能/機能強化を詳しくご紹介いたします。

第二弾は
「メール送信時の自動下書き保存機能」です。

メール送信の際に、メールサーバー側のエラーなどで送信に失敗すると、
これまでは画面左下の「戻る」ボタンでメール作成画面に戻ることができましたが、
入力した内容が消えていました。

V4.6 R1では、お客様社内に設置されたCACHATTOサーバーまで届いた送信内容は、
送信に失敗しても、自動でCACHATTOサーバー内に下書きメールとして保存できる
ようになりました。

下書き保存されたメールは、
「メールメニュー」「下書き」フォルダに
「[送信エラー]○○○○(メールの件名)」と表示されます。

  
    メール作成画面           送信エラー画面

  
    下書きメール一覧         下書き保存メール詳細

なお、電波の遮断などで、メールの送信内容がお客様社内のCACHATTOサーバーまで届かなかった場合は、自動下書き保存されませんのでご注意ください。

以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
 
CACHATTO V4.6 R1の新機能/機能強化を詳しくご紹介いたします。

第一弾は
「iPhone/Android/iPadのメール返信引用機能強化」です。

iPhone/Android/iPadからメールを返信する際に、今までは「受信メールの引用返信」が標準でした。

V4.6 R1では、
[ 受信メールを引用する ]/[ 受信メールを引用しない ]
を、メール返信時に選択できるようになりました。

返信画面に、
[ □ 元のメールを引用 ]
という、チェックボックスがあります。
チェックの有無により、引用/未引用を選択できます。

また、[ 引用編集 ]をタップすると、受信メールの文章を引用し返信文章を作成することができます。
インラインでメール応答する際に便利です。

  
    メール返信画面            引用編集画面


以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG

12月14日(火)にCACHATTO SecureBrowser (iPhone)V1.18をリリースいたしました。

本バージョンにて、CACHATTO V4.5R3で提供予定の簡易表示機能に先行対応しました。



本機能をご利用いただくには、利用ユーザー様の使用インターフェースに「携帯」を
追加していただく必要があります。

電波状況などに応じて、通常表示(従来のiPhone用インターフェース)と簡易表示を
ご利用いただけましたら幸いです。


カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: PTF

以前、CACHATTOのアップデート方法について記載しましたが
今回は、いざという時のためのCACHATTOのバックアップについて
ご紹介します。

サーバーに万が一のことがあった時のためにバックアップをとっておきたい、
あるいは、サーバーをリプレイスするので設定情報を引き継ぎたい、という場合
CACHATTOのバックアップ機能で設定情報を保存できます。

バックアップの方法には大きく二通りあります。ひとつは管理画面から。
そしてもうひとつはバックアップツールを利用する方法です。

■管理画面からのバックアップ

CACHATTO管理画面の「メンテナンス」>「バックアップ」でバックアップを
実行します。保存する場所を選択し、ファイル名をつけます。
ファイルはDAT形式で保存されます。

バックアップを取ることができる情報は
・サーバー設定情報
・ユーザー情報
上記の情報です。
メールデータと各種ログは含まれません。

メールデータに関しては、バックアップデータをデータリカバリーした後に
再度取得します。新着通知メール設定を行っているユーザーは、通知メールが
再度送られることがあります。

各種ログに関しては、別途作成します。
CACHATTO管理画面の「メンテナンス」>「ログファイル作成」で作成することが
可能です。

管理画面からのバックアップ


■「CACHATTOサポートツール」でバックアップをする方法

「CACHATTOサポートツール」でバックアップと各種ログの取得を定期的に
実行するように設定することもできます。

これはCACHATTOに社内でアクセスできるパソコンに入れておき、
そのプログラムが自動的に必要なバックアップを取るというものです。

このように、CACHATTOは定期的にバックアップをお取りいただくことで
より安心してお使いいただけます。


CACHATTOサポートツールからのバックアップ

以上です。

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: MPG

V4.2 R11の新機能について、第四弾は「ログインパスワードの強化」です。

これまでCACHATTOのパスワードに関しては、パスワード有効期限を設定し、
同じパスワードの連続使用を制限することはできましたが、その他の
パスワードに関する制限はありませんでした。

今回追加された機能は2つあります。
・使用禁止パスワード設定機能
・初回ログイン時の強制パスワード変更機能

使用禁止パスワードは、「単純パスワード」「ログインID」「禁止リスト内パスワード」
「現パスワード」の4つから、管理画面で選択できます。

初回ログイン時の強制パスワード変更機能は、ユーザーが初回ログインに成功すると、
自動的に新パスワードの設定画面に遷移し、パスワードを設定しないと、
次の画面を閲覧できないようにする機能です。

null
初回ログイン画面
null
新パスワード設定画面

これらの機能は、管理画面の「セキュリティポリシー」から設定できます。
今後も、CACHATTOはより安心してご利用いただけるように機能を改善してまいります。

年内のCACHATTOブログはこれで最後になります。
来年もよろしくお願いいたします。


カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
 
e-Jan Copyright (C) e-Jan Net.Co All Rights Reserved.