前の一覧1次の一覧
「働き方改革」への関心が高まる中、多くの企業、官公庁・地方自治体でテレワークへの取り組みが始まっています。

全従業員を対象とするテレワークでは、業務端末をどの様に準備するかが課題となります。
業務端末を社給/組織から支給すると、会社/組織の規模により大きなコストが生じる可能性があります。

その様な背景から「BYOD(私物端末の業務利用)によるテレワーク」に注目が集まっています。
「BYODでテレワーク!」特設ページ

CACHATTO Desktop V3.0.2より実装された「端末のセキュリティ状態を検査する機能」により、自宅のPCによるCACHATTO Desktopの利用をよりセキュアに行える様になりました。

CACHATTO、CACHATTO Desktopは「BYODによるテレワーク」をご支援いたします。


関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
5月24日にリリースしたCACHATTO Desktop V3.0.2では、端末のセキュリティ状態を検査する機能が実装されました。
今回はその機能についてご紹介いたします。

CACHATTO Desktopへのログイン時に、以下それぞれの状態を検査する機能を実装しました。

1. 最新のWindows Updateが適用されているか
2. セキュリティソフトがインストールされており、且つ最新のウイルス定義ファイルが適用されているか

それぞれの状態を満たしていない場合、CACHATTO Desktopの利用を中止できます。
なお、本設定はMDMポリシーで設定可能です。

本機能強化によりCACHATTO Desktopをさらに安全にご利用いただけます。

※本機能をご利用頂くには、CACHATTO V5.6 R2以降のバージョンが必要です。
※本機能に関する詳しい情報は、サポートサイトの「FAQ」に記載されております。
"CACHATTO Desktop 向け「端末のセキュリティ状態検査」機能の判定基準は何ですか"で検索ください。
サポートサイトの「FAQ」の使い方はこちら

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
 
CACHATTO のモバイルデバイス管理機能(MDM機能)を活用する事で、IE等のPC用
Webブラウザや、iOS端末の Safariブラウザ、Android OS の標準ブラウザ等からの
CACHATTO へのアクセスを制限し、SecureBrowser経由でのアクセスのみを許可する
事が可能です。

管理画面「サーバー設定」-「セキュリティポリシー」-「ユーザー機能制限」-「MDMポリシー設定」
から、「許可ブラウザ」を[MDM対応SecureBrowser(V3.5.0以上)に限定する]MDM
ポリシーを作成します。



作成したMDMポリシーを、「ユーザー設定」-「ユーザー情報」-「ユーザー機能制限」-「MDM
ポリシーグループ」で指定し、各ユーザーにポリシーを適用してください。



※MDMポリシー設定に対応した各種 SecureBrowser のバージョンは V3.5.0 以上です。
※携帯電話の標準ブラウザからのアクセスも同時に許可したい場合には、CACHATTO
 サポートセンターへご相談ください。


関連キーワード :
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
先日(2013年9月18日)、CACHATTO SecureBrowser(PC) V3.5.0 をリリースいたしました。
本バージョンからご利用頂ける MDM 機能の一部をご紹介いたします。

V3.5.0 では、これまでは CACHATTO SecureBrowser(iOS/Android) のみ搭載していた
アプリロック機能が新たに搭載されています。

この機能の使用を、ユーザーに対して管理者が強制することができます。
設定方法は、MDM ポリシー設定画面でアプリロックの「強制有効化」を ON に設定します。
この設定は iOS, Android 端末と共通の項目となっています。

ロック解除番号が設定されていない状態でログインを試みると、設定を促すダイアログが表示されます。
ロック解除番号が設定されない限りログインすることはできません。

ロック解除番号を設定せずにログインしようとするとアラートが表示される
▲ ロック解除番号を設定せずにログインしようとするとアラートが表示される


以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TEC
3/1のブログ『リモートワイプの過信は禁物 [ITpro Active記事より] 」』では、
リモートワイプ機能の弱点について取り上げました。

今回はその続編として、
CACHATTOの機能を利用して、リモートワイプに依存せずに企業情報を守る仕組み
をご案内します。

一般的に、端末紛失時には、管理者が紛失者からの届けを受けて、
MDMのリモートワイプ機能(端末内のデーターを遠隔で消去)を実行します。


▲リモートワイプ機能の仕組み

様々な理由で、データー消去が失敗する可能性があります。

また、BYODで端末が私物であった場合、ユーザーは個人の電話帳や写真なども
同時に消去されてしまうことを懸念。端末が発見されることを期待し、
紛失届の提出をためらう傾向があります。


▲CACHATTOのローカルワイプ機能の仕組み

CACHATTOでは、アプリ(CACHATTO SecureBrowser)のロック解除に
管理者が設定した回数以上失敗すると、アクセス権限を抹消(アクセスに必要な設定情報を消去)します。

CACHATTOは端末にデータを保持しておらず
さらにアクセス権限をローカルワイプすることで、
BYODにおいても高セキュリティを維持することができます。



(関連ブログ)
・CACHATTO V5.0 R1の新機能(その4)MDM(1):アプリロックの強制適用 (2013/01/18)

・CACHATTO V5.0 R1の新機能(その4)MDM(2):Android端末向けMDM機能

以上

関連キーワード :
/
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
「スマホやタブレット端末を導入する上では、セキュリティ対策としてMDM
(モバイルデバイス管理)システムの利用が欠かせないものになりつつある。
ただしMDMを導入すれば情報漏洩は防げる、と考えるのは早計だ。」(文中より抜粋)

ITpro Activeの記事『MDM活用に死角あり、スマホの安全対策を再考する』では、
MDM導入時に大きな効果を期待する機能「リモートワイプ」に期待しすぎることへの
警鐘を鳴らしています。

■リモートワイプの弱点
1)紛失からデータ消去までのタイムラグが生じてしまう点
2)リモートワイプのコマンド送信が確実ではないことである点
3)リモートワイプを実行した場合でも、データ消去が完了したかを確認するのが
困難であるという点

(詳細は、以下ITpro Activeの記事をご覧ください)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130206/454553/

CACHATTOは「リモートワイプに依存せず企業情報を守る仕組み」をご提案できます。
(詳しくは次号にて)


以上


(関連ブログ)
・アイ・ティ・フロンティア社のBYOD事例公開! [ITPro記事] (2012/02/22)

・[ 続報:BYOD実践事例 ]「私物端末はMDMで管理しない」という判断 (2012/08/13)

・[ BYOD先進事例 ]「私物端末はMDMで管理しない」という判断 (2012/06/04)

関連キーワード :
/
カテゴリー: その他
投稿者: BPG
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。

本日は、MDM機能の実装により可能になった自動ログアウトまでの時間の設定変更について
ご紹介します。

CACHATTOはセキュリティ保持のため、端末とCACHATTOサーバー間の通信が一定時間以上
行われなかった場合、ユーザーは自動的にログアウトします。

従来のバージョンのCACHATTOでは、自動ログアウトまでの時間が30分に固定されていました。

CACHATTO V5.0 R1では、この時間を、管理画面より任意の長さに設定できるようになりました。
(最短2分〜最長8時間)

当機能のご利用により、

・端末紛失時のセキュリティ対策の為にセッションの保持時間を短くしたい
・セッションを長く保持させ、より利便性を高めたい

などのご要望にお答えすることができ、CACHATTOをよりお客様の用途に合った環境で
お使いいただけるようになりました。

※本機能をご利用いただくには、
 CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad/Android) V3.5.0以上が必要です。


以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。

本日は、Android端末のMDM機能をご紹介します。

■画面ロック機能のポリシー適用

画面ロック機能は、端末が省電力モードから復帰した時にユーザーへパスワードの入力を求めるAndroid OSの機能です。

CACHATTOログイン時に、端末の画面ロック機能の適用、設定内容を確認し、管理ポリシーと
異なる場合、ユーザーへメッセージングします。


ユーザーが、画面ロックの解除に失敗(画面ロック解除の失敗回数が管理画面で設定した回数に到達)
した場合、端末を初期化(工場出荷状態)することも可能です。


※本機能をご利用いただくには、
 CACHATTO SecureBrowser(Android) V3.5.0以上が必要です。


以上

関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
CACHATTO V5.0 R1の新機能を詳しくご紹介いたします。
第四弾はMDM機能(モバイルデバイス管理機能)です。

MDM機能の実装により、よりセキュアな環境でCACHATTOをご利用できるようになりました。

本日は、CACHATTO V5.0 R1でご利用可能なMDM機能の一つである「アプリロックの強制適用」を
ご紹介します。

アプリロックとは、CACHATTO SecureBrowserが一定時間タッチやボタンによる操作を受けなかった
場合や、バックグラウンドへ移行した時にロック解除番号の入力を求めるCACHATTO SecureBrowserの
機能です。

従来のバージョンのCAHATTOでは、アプリロックの設定はユーザーが端末側で任意で行う仕様でしたが、MDM機能によりCACHATTOの管理画面でアプリロックの設定を強制できるようになりました。

ユーザーがアプリロックの設定を行うと、アプリ起動時に以下の画面が表示されます。


アプリロックの強制が適応されているユーザーが、アプリロックの設定を行わずにログインを試みると、
以下のポップアップが表示されます。
20130118-2013011803.PNG

※本機能をご利用いただくには、
 CACHATTO SecureBrowser(iPhone/iPad/Android) V3.5.0以上が必要です。


以上


関連キーワード :
/ /
カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: BPG
前の一覧1次の一覧
 
e-Jan Copyright (C) e-Jan Net.Co All Rights Reserved.