前の一覧1次の一覧
Splashtop for CACHATTOのスクリーンショット防止機能は「フォーカスするウィンドウ(アクティブ状態のウィンドウ)」によっても、スクリーンショットを制御します。
null
本機能により、スクリーンショット取得によるローカルコンピューター(アクセス端末)への情報の持ち出しを防ぎながらも、利便性を損なわずにリモートコンピューター(接続先端末)内で作業ができるようになりました。
是非、Splashtop for CACHATTOをご利用ください。

(関連ブログ)
・[便利!Splashtop for CACHATTO(16)] セキュリティと利便性を両立するスクリーンショット防止機能-1

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
Splashtop for CACHATTOの「スクリーンショット防止機能」は、スクリーンショットを取得する画面が「リモートコンピューター(接続先端末)」か「ローカルコンピューター(アクセス端末)」かにより、挙動が異なります。

Splashtop for CACHATTO利用中に、スクリーンショットを取得しようとすると
=======================================
Print Screen キーが押されました。ローカルコンピューター
の画面またはリモートコンピューターの画面をキャプチャしますか?
 [リモートコンピューター]   [ローカルコンピューター]  
=======================================
と、ポップアップが表示されます。

■[リモートコンピューター]を選択した場合
Splashtop for CACHATTOでアクセスしている「接続先端末」内でスクリーンショットの取得・保存が可能です。

■[ローカルコンピューター]を選択した場合
セキュリティーポリシーに基づき、スクリーンショットの取得を抑止するメッセージが表示されます。「アクセス端末」内にスクリーンショット画像を保存する事はできません。
null
本機能により、スクリーンショット取得によるローカルコンピューター(アクセス端末)への情報の持ち出しを防ぎながらも、利便性を損なわずにリモートコンピューター(接続先端末)内で作業ができるようになりました。
是非、Splashtop for CACHATTOをご利用ください。

(関連ブログ)
・[便利!Splashtop for CACHATTO(17)] セキュリティと利便性を両立するスクリーンショット防止機能-2

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
Splashtop for CACHATTO利用時に便利な「シャープ/スムース切り替え機能」をご存知でしょうか。
ご利用状況に併せて、本機能をご利用頂くことで、より快適に画面を表示させることが可能でございます。

「シャープ/スムース切り替え機能」ボタンは、PC端末の場合、画面上部のメニューバー内にございます。
※下記画像内の青いボタンでございます。
null

・「シャープ」モード (画質を優先)
文章を読んだり、図を見たりする場合には、画面がより綺麗に表示されます。

・「スムース」モード(操作レスポンスを優先)
動画等、画面が素早く変化する場合には、画面の切り替えが早くなります。
※ただし、「シャープモード」と比較して画質は低下します。

ボタン1つで簡単に切り替えられるので、シーンに併せて「シャープ/スムース切り替え機能」をご利用ください。

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
今日はSplashtop for CACHATTO(以下SfC)の新機能、「接続先端末共有機能」の便利な使い方について紹介します。

以前ご紹介した通り、「接続先端末共有機能」では複数のユーザーでPCを共有利用することが可能になりました。
実は、Splashtop利用時の接続先として、グループアカウント接続先と個人アカウント接続先のどちらでも選択できます。
具体的には、グループに所属しているユーザー様は下記の通り、所属しているグループアカウントでログインしているStreamerだけではなく、個人のアカウントでログインしている自席PCのStreamerにもアクセスすることができます。

null

その際に、SfCクライアント(接続する側)端末の接続先一覧は下記のように表示されます。

null

上記使い方によりご利用シーンが広がるのではないでしょうか。
本記事をご参考に、貴社運用に最適な形で「接続先端末共有機能」のご利用をご検討ください。

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
今日はSplashtop for CACHATTOのショートカット機能を紹介します。

Splashtop for CACHATTOのショートカット機能は、iPadの画面上に様々なショートカットアイコンを表示させることによって操作性を高める機能です。
※iPadでのみご利用頂けます。

本機能をご利用頂くためには、iPadの画面を横向き(ランドスケープ)にする必要がございます。
下記のボタンを押下し、ショートカット機能を起動します。



下記のとおり、ショートカットメニューが表示されます。



各メニューの詳細をご説明いたします。

①【最小化】メニューの非表示/表示を切り替えます。

②【プロファイル一覧】ご利用のショートカットプロファイルを選択します。
※デフォルト登録されているプロファイルの他に、ユーザーにて任意にプロファイルの作成が可能です。

③【新規プロファイル登録】新しいプロファイルを登録できます。

④【ショートカット非表示】画面上のショートカットアイコン(⑩番)の非表示/表示を切り替えます。

⑤【ご利用中プロファイル】ご利用中のプロファイル名が表示されます。

⑥【編集】ご利用中のプロファイルを編集できます。

⑦【設定】画面上のショートカットアイコンの透明度を変更できます。

⑧【ヘルプ】ショートカット機能に関するヘルプを確認できます。
※一部の説明は英語表記です。

⑨【終了】ショートカット機能を終了します。

⑩【ショートカットアイコン】各種アイコンを押下することで事前にプロファイルで設定した操作を実行します。

このショートカット機能をご利用頂くことで画面上にショートカットキーコンビネーション操作(例:[Ctrl]+S 保存)、マウス操作(例:右クリック)、Joystick操作のアイコンを追加することが可能です。


また、画面上に追加したショートカットアイコンの位置や、背景色等も変更できます。

Splashtop for CACHATTOをiPadでご利用の際には是非ショートカット機能をお試ください。

カテゴリー: 4.CACHATTO機能紹介
投稿者: TSG
Splashtop for CACHATTOを便利にお使いいただいていますか。
今日は、iPad端末でSplashtopをご利用いただく際におおすすめの設定をご紹介いたします。

■画面表示について

・解像度
以下の設定により、接続先端末の解像度をiPadに最適な解像度で利用可能です。



・シャープ/スムーズ
Splashtop for CACHATTO利用時、下記ボタンにて画面の表示モードを切り替えることができます。



「スムーズ」→動画等、画面が素早く変化する場合には画面の切り替えが早い「スムーズ」モードが便利です。
「シャープ」→文章を読んだり、図を見たりする際には画面がより綺麗に表示される「シャープ」モードが便利です。


■接続について
キャリア回線等をご利用の場合、下記にて「3Gに最適化」を有効にすることができます。



また、低い解像度設定での接続の方が通信量は少なくなります。
キャリア回線でSplashtopをご利用の際には「3Gに最適化」をオンにした上で、「解像度」を低い値に設定することも有効です。

■操作について

iPadからSplashtop を利用の際に細かいマウス操作が必要な場合、「トラックパッド」モードがおすすめです。

下記の設定を変更することで、iPadの全画面をトラックパッドのように操作いただけます。



下記ボタンにてトラックパッドモードの詳細設定ができます。




カテゴリー: 5.CACHATTOサポート情報
投稿者: TSG
Splashtop for CACHATTOはWi-Fi経由等だけではなく、キャリア回線を利用して使用することも可能です。
(通常のインターネット利用に比べ、通信量が多くなりますのでご注意ください。)

キャリア回線を利用していると場所によって回線速度が低下し、利用パフォーマンスに影響が出てしまう場合があります。

そのようなケースに備え、Splashtop for CACHATTOには「3Gに最適化」する設定が用意されています。
アクセス先端末の選択画面から設定することが可能です。

pc
▲PC版での設定画面

smp
▲スマートフォン版での設定画面

また、本設定はWi-Fi回線が不安定な場合にも活用頂けます。

ぜひ、色々な場所からSplashtop for CACHATTOをご利用ください。



関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: TSG
Splashtop for CACHATTOには、リモートデスクトップ中の画面内で利用できる様々なツールが用意されています。

その中でもお勧めは「マウス」。
リモートデスクトップ画面内に「マウス」を表示し、右クリック/左クリック操作が可能です。

ご存知の通り、iOS端末は、外部機器のマウス、タッチバッドの操作を受け付けません。iOS端末をアクセス端末とする場合には、とても重宝する機能です。


▲デバイスの画面全体をトラックパッドの様に操作できます。


▲右クリック/左クリック操作



関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
誰もいない席のPCが突然音声を発し始めたら...怖くないですか?

これは当社で実際にあった怪奇現象?です。
原因は、当社の営業スタッフが商談先でSplashtop for CACHATTOの快適なパフォーマンスをアピールするために、リモートアクセスした自席PCで動画を再生し、その音声が流れたのです。

この様な事態を起こさない様、Splashtop for CACHATTOには便利な機能があります。


▲Splashtop Streamer for CACHATTOの設定画面

「音声をモバイルデバイスのみに出力」を設定すれば、
リモートアクセス時の操作で自席PCが音声を発することはなくなります。


関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
「リモートアクセス中、接続先端末の画面はどうなりますか?」
この様な質問がよく寄せられます。

Splashtop for CACHATTOでは、専用ディスプレイドライバをインストールすることにより(※)リモートアクセス中は画面を他人に見られない様「ブラックアウト」します。
安心してリモートアクセス頂けます。


※Splashtop Streamer for CACHATTOの設定画面から簡単にインストール頂けます。


関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
CACHATTOのご契約社には、Notes/Dominoをご利用中の企業が多数いらっしゃいます。

故、CACHATTOは標準機能で、
-Notes DBの閲覧
-Notes 文書リンクからリンク先のNotes文書の参照
-Notes リッチテキストメールの閲覧
等、Notes/Dominoとの連携機能を拡充して参りました。

しかしながら「Notesクライアントからしか利用出来ないNotes/Domino資産(DB、ワークフロー)」へのCACHATTO経由での利用については限界がありました。

今回「Splashtop for CACHATTO」のリリースにより、スマートデバイスから自席PCのNotesクライアントを利用することが可能となりました。

例えば「iPadからNotes/Dominoの決裁ワークフローを利用できる環境」をマネージャークラスに提供し、決裁時間を短縮、貴社のビジネススピードを上げることができます。


参考:Notes/Domino連携機能の詳細はこちらをご覧ください
https://www.cachatto.jp/product/requirement/detail/notes.html


関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
「Splashtop for CACHATTO」により、様々な端末から自席PCへアクセスすることができます。

スマートフォン、タブレット端末には様々な画面サイズが存在します。
アクセス端末と接続先端末が同じWindows PCであっても、解像度が異なる場合があります。

「Splashtop for CACHATTO」では、自席PCへの接続時に「画面サイズ/解像度」を選択することができます。


▲iOS


▲Windows

利用シーン、利用端末により、最適な表示を選択し社内PCにアクセスすることができます。


関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
テレワーク(在宅業務/モバイル業務)推進に際し、「利用シーンにより使う端末が異なる」ということを考慮する必要があります。


「Splashtop for CACHATTO」のアクセス端末はマルチOS対応です。
iOS、Android、Windows、そしてMacからもご利用いただけます。
利用シーンに最適な端末から、自席PCへリモートデスクトップすることができます。

また、接続先のPCはWindows、Macに対応しており、「Splashtop Streamer for CACHATTO」が入っている複数台のPCへアクセスすることが可能なライセンス体系となっています。

「Splashtop for CACHATTO」であなたのワークスタイルは大きく変わります。

※「Splashtop for CACHATTO」の動作環境の詳細はこちらをご覧ください。



関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
社内自席PCがシャットダウンされていても、そのPCがWake-on-Lan対応であれば、アクセス端末から遠隔でそのPCを起動し※、リモートデスクトップできます。

「帰宅/外出時、自席のPCを起動したまま放置することは禁止」をセキュリティポリシとする会社/組織があります。

「Splashtop for CACHATTO」であれば、その様なセキュリティポリシ下でもご利用いただくことができます。


※同一サブネット内に「Splashtop Streamer for CACHATTO」を入れた起動中のPCがある必要があります。


関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
CACHATTO V5.5 R6で注目度の高い新機能に一つが「労務管理機能」です。
「CACHATTOがあれば、いつでもどこでも仕事ができる」が故に、労務管理機能(無制限に使わせない)が求められておりました。

「Splashtop for CACHATTO」により、会社の自席PCで行う業務の全てを遠隔で実施可能となります。労務管理の重要性はさらに高まります。
「Splashtop for CACHATTO」はCACHATTOの認証機能と連携し、さらに「労務管理機能」とも連携することが可能です。

▼ログインを禁止された画面例
 

例えば、
-会社の自席PCへのリモートデスクトップは、原則8:30から19:30まで。
-それ以外の時間でのリモートデスクトップは「自己責任(自己判断による緊急利用)」
という様な運用が可能となります。


参考:
[V5.5 R6 機能紹介-1]労務管理機能(1)
https://www.cachatto.jp/blog/cachatto/item_1503.html

[V5.5 R6 機能紹介-1]労務管理機能(2)-「緊急利用」機能について
https://www.cachatto.jp/blog/cachatto/item_1504.html

関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
CACHATTOの利用に際しては、多重の認証を組み合わせることができます。


「Splashtop for CACHATTO」の「for CACHATTO」である所以は、リモートデスクトップ機能(Splashtop)の利用に際し上図のCACHATTOの認証をすべて引き継げるところにあります。

・アクセス端末を限定(個体認証)したい
・社内の認証基盤(AD/LDAP)と連携し、リモートデスクトップを許可したい
・生体認証(指紋認証)を連携したい
 
など、全て実現可能です。




iOS端末のTouchIDによる指紋認証から、Splashtop for CACHATTOを利用の図

Splashtop for CACHATTOは「高セキュリティ」と「利便性」を両立するリモートデスクトップソリューションです。


カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: TEC
9月15日のiOS用アプリのリリースにより、「Splashtop for CACHATTO」の関連アプリが揃い踏みとなりました。
本日より数回に渡り、「Splashtop for CACHATTO」のアピールポイントをご紹介して参ります。

第1回は、「CACHATTOをご利用中のお客様には、導入が簡単!」というお話です。
「Splashtop for CACHATTO」の導入に際し、新たなサーバーを設置する必要はなく、ファイアウォールの設定変更の必要もありません。




1)CACHATTOサーバー以外の新たなサーバーの設置は不要です。
  アカウント情報、セキュリティポリシ設定は、CACHATTOサーバーの情報を利用します。

2)ファイアウォールの要件は、CACHATTOサーバーと同様の「外向きのHTTPS通信(port443)」のみです。

3)接続先PCに「Splashtop Streamer for CACHATTO」、アクセス端末に「Splashtop for CACHATTO アプリ」を入れるだけです。※


CACHATTOとSplashtop for CACHATTOをセットで新規にご検討されるお客様にとってもCACHATTO自体が「簡単導入」を売りとしている製品ですのので、ご安心いただけます。
CACHATTOおよびSplashtop for CACHATTOは無料でお試し頂けます。
https://www.cachatto.jp/sp/trial/

さぁ!ワークスタイルを変革しましょう!

※Wake-on-Lan(電源が落ちているPCを遠隔で起動する)機能をご利用の場合は、接続先PCに入れるプログラムを別のPCに入れる必要があります。
「Wake-on-Lan」につきましては、この後の回でご紹介いたします。

関連キーワード :
カテゴリー: 3.CACHATTO活用提案
投稿者: BPG
前の一覧1次の一覧
 
e-Jan Copyright (C) e-Jan Net.Co All Rights Reserved.