CACHATTOを便利に使うために、CACHATTO管理者様に知っていただきたいCACHATTOおススメ活用術を紹介します。
今回紹介する活用術は「一括登録機能によるポータル登録」です。

CACHATTOには社内Webアプリケーションへアクセスするポータル連携機能があります。
ポータル連携機能はユーザー毎に設定が可能であり、ユーザーそれぞれの認証情報を設定できます。
しかしCACHATTO管理画面から、沢山のユーザーの設定を行うと、時間が掛かり作業状態の確認も困難です。

そこで「一括登録機能」を利用することで、CSVファイルによる効率的な作業が可能です。
CACHATOの一括登録機能では、CACHATTO独自のフォーマット(※)でポータル連携情報を登録します。

■CACHATTO独自のフォーマット例
・ポータルID「1」、ポータルログインID「demo」、パスワード「1111」のポータル
・ポータルID「3」、ユーザーディレクトリ名「sample」のポータル
上記2つのポータルを登録する場合は「1:demo:1111:$3:::sample」
※フォーマットの詳細につきましては、CACHATTOサポートサイトのFAQ をご確認ください。

ただし利用しているポータルの数が多い場合、上記フォーマットに沿った値が複雑になり、値の誤りや作成時に時間がかかるといったお声がありました。
そこでCACHATTOサポートセンターでは上記フォーマットに沿った値を容易に作成するツール(マクロ機能を利用したExcelファイル)を用意しています。

「一括登録機能」の利用方法は、CACHATTOサポートサイトに掲載されているCACHATTO管理者マニュアルをご確認ください。
不明点/ツール配布の要望がありましたら、CACHATTOサポートセンターへご連絡ください。
[CACHATTOサポートサイトへのアクセスはこちら から]
※ご利用には、ログインIDとパスワードが必要です。